これで老後も安心!結婚を機にはじめる貯蓄計画。

僕は現在25歳。

最近まで、遊びや食事、買い物など我慢ができず、貯金は0円でした。

また、今年結婚を控えており老後の大きな不安がありました。

「年金は0円になるかもしれない」

ネットニュースでそんなワードを見ると、不安は大きくなるばかり。

しかし、そんな不安に反して

「貯金は来月からやろう」

と後回しを続け、1年が経過しました。

そんな僕が突然貯金ができるようになり、老後の不安を消すことができた方法をお伝えします。

やったことは2つ!

【1】現在から老後までの収支計画を立てる

【2】収支計画通りになるように貯金する

【1】現在から老後までの収支計画を立てる

知り合いのライフプランナーと60年間の収支計画を立てました。

保険の営業マンに、「老後までの収支計画を立てたい」と声をかければ、

対応してくれるはずです。(営業されると思いますが。)

【2】収支計画通りになるように貯金する

「収入 ー 支出 = 貯蓄」を計算します。

収入はすぐには上がらないので、支出を抑え貯蓄していくことにしました。

今まで無計画に生活していた僕は、老後を意識して直近1ヶ月の支出計画を立てることができるようになり

今では毎月5万円貯金ができています。

以上です。

老後のために、今いくら貯金するべきかを考えてみましょう。

計画通りに生活できると達成感ありますよ!

無理のない範囲で、計画的な貯金をおすすめします。


日々の積み重ね、小銭貯金を楽しむ

子供達が大きくなり、大学生の学費と仕送りが始まって8年目。当時は何とかなる、と思っていましたがこれも数年続くとかなり厳しい現実です。積み重なる度にどんどん生活は苦しくなり、自分の事にお金を使う事が全くといっていいくらいできなくなってきました。生活費でいっぱいいっぱいの日々です。

しかし、買い物はできなくても何か楽しくなること、と思い、貯蓄への余裕すらないけれども、節約を兼ねて楽しめる小銭貯金を始めました。

本来なら500円貯金が一番ですが苦しくなると500円玉はかなりの戦力になってしまうので、ここは出来る範囲でしています。貯金箱でも良いのですが、500円玉以外の小銭貯金は貯めるのに根性がいるので、透明のガラス瓶や綺麗な瓶、ペットボトルなどは自分でデコレーションをして外から見えるようにして楽しい貯金箱を作ります。

チャリーンという音を楽しみ、外から貯まるのが見えるとかなりのやる気になってくるのです。

毎日のお買い物の後に、財布から小銭を出し貯金箱へ入れます。そして、割引などがあれば、自分の頑張った分として、または無駄遣いを我慢した分を全て貯金箱へと入れていきます。微々たるものかもしれませんが、日々の楽しみと習慣へと変えていくと、最後には塵も積もれば山となるへと変わっていき、自分の頑張りが貯金と節約へとなっていきます。これが、小銭貯金の楽しみ方です。

1円玉がいとおしく、大切に思える節約方だと思います。


バスの割引乗車券を有効に使って交通費の節約をしています

わが町にはバスの割引乗車券があり、65歳以上の高齢者が対象ですが年間で9800円ほどで購入すると1年間、バス運賃が1乗車100円になります。また、70歳以上になると行政からの補助があり5000円で乗車券が購入できます。この乗車券が非常に便利で交通費の大幅節約になります。バスなど運行時間は不規則だし、路線も限られると思っていましたが、よく調べてみると意外と便利でした。

まず、1乗車100円ですから始発から終点まで乗っても良いのです。バス路線も意外と多様で、思いもよらないルートがあります。近くの大きな都市に買い物に行こうとするとバス、電車と乗り継いでいたのですが、これがバスだけで行けるのです。これまでは電車とバスだけで700円ほどかかっていたのが、バスを一回乗り換えて200円で行けます。特に便利なのは行楽の時です、これまで電車を使っていたところにもバスだけで行けることが多くあります。季節ごとの植物が楽しめる公園やハイキングなど同じバス会社の路線であればかなり遠くまでいけます。そして、電車を乗り継ぐよりも移動時間が短くなることが多いのです。

面倒なのはバス路線をしっかり調べておかないといけないことです。同じ終点でもルートが異なる複数の路線があったり、停留所の位置が駅の反対側であったりすることがあります。それでも年間で数千円の節約になり、以前よりも外出が多くなりました。


節約や貯蓄につながる簡単な方法

ちょっとした事で節約につながるのですが、まず最初に実践したのがタバコをやめた事です。タバコは定期的に値上がりを続けているのですが、ついに500円玉近辺まで到達してしまいました。1日に1箱買っていたので、15000円弱かかる計算になります。ただ煙を出すだけでこの金額は非常に大きいので、やめる事にしました。

これで年間18万ぐらいは貯蓄に回せる事になります。次に昼食は外食や弁当を買って食べていたのですが、安くても弁当で500円ぐらいはかかります。外食なら1000円ぐらいかかっても不思議ではありません。ここでも節約をするために、家から弁当を作っていく事にしました。

朝はいろいろ忙しいのであまり一生懸命につくってしまうと、すぐにギブアップしてしまう可能性があります。無理しないで作る為に、冷凍食品や前日の残りのおかずを利用する事できちんとつくれています。冷凍食品はスーパーの安売りデーが毎週水曜日にあるので、ここでまとめ買いするようにしています。

1週間に買う冷凍食品は1000円あれば十分に間に合うので、週に5日出勤するとして1日200円以下で弁当を作る事が出来ます。外食の半分以下で済んでしまうので、この分も貯蓄にまわすようにしています。


ふるさと納税の還元率を気にしなくなった恩恵

もう多くの人が慣れてきたであろう、ふるさと納税ですが、返礼品の数々やサイトの多さなど見るところが多すぎる時代になってきました。ふるさと納税の制度も整頓されるであろう今年、今までは還元率があまりにも違ったため、その情報をまとめたりランキングした雑誌からブログから、さらに情報過多な状態が続いていました。家計のやりくりからも、できれば最大に還元率はよくて、生活に役に立つものを一生懸命探していた人も多かったと思います。でも、一律3割と決まるのであれば少なくともお得感や損した感もなくなるわけですから今までより買い物感覚で自治体の支援ができるようになると思います。毎月決まった額で、その月の食事に使えそうな日持ちする返礼品を、あちこち探さずお気に入りのサイトから申し込むなど、よりスマートなやり方でできるようになるでしょう。

我が家は、毎月探して申し込んで、返礼品が送られてきて、証明を受け取っての一連の作業が申し込む月がバラけるほど後々の2つの工程の時期もバラけて煩雑になってくるのを我慢していました。とくに証明書は紙で郵便で送られてきてしまうので確定申告までまめに集めてとっておかねばなりません。何処を支援しても同じくらいのお得度だと割り切れたところで、大まかなシミュレーションをして四月中に一気に申し込みをし、年間のふるさと納税関係に使う時間をカットすることにしました。返礼品は食べ物で、全て冷凍品と決め、サイトも発送が早く発送時期の明記のあるさとふる一本に絞ることにしました。いかに、損得感情で時間を失っていたか痛感しました。これで食費と、大切な生きている時間や労力を大幅に節約できたと満足しています。一気に納税したことで出た出費は月々で積立てて家計に返すこととし一件落着となりました。


思い切った処分を頻回に開催する

家の収納スペースは限られています。過去の自分達によってスペースが埋め尽くされ、今の自分達や未来用のものを置く余力がなくなりがちです。今あるものが、自分を助けてくれているものなのか否か、思い立った時に判別して処分するようにしています。

処分といっても、流行りのフリマサイトに売るとなると、売れるまで在庫しておくので結局は自宅のスペースは空きません。多少安くても代行してもらうと思って、セカンドストリート や高山質店に出しています。ハピタスなどポイントサイトを経由することで、ポイントも得ています。

得たポイントは、一般的にはAmazonポイントなど現金以外のものへの交換が利益率は高いのですが、これらは使わないと価値になりません。節約なのに新たな消費をしないと価値がないものを手に入れるより、既に使用した支払いに当てることができる現金に換えるようにしています。

プレゼントで貰ったものも、気持ちを受け取り、暫く置いておきますが、それが数十年積み重なると、家中が人々の思いだらけの家となってしまいます。使わない物、実質的や精神的な助けにならないものは次々と再利用に回して、今の自分の活動に当てる資金に代えてしまうと空間的にもお財布的にも節約になります。


1円から開始365日小銭貯金

1年間365日貯金というのをしました。1円から365円までノートに数字を書いて、好きな数字を選んでその日に

選んだ数字の金額の小銭を貯金箱に入れるというものです。

貯金箱に入れた金額の数字は蛍光マーカーで消していきます。

実際には 毎日貯金するのを忘れたこともあるので

そういう時は2回分貯金をしました。

メリットは、とても楽で ゲーム感覚で出来る事でした。

お財布に余裕のないときは 100円以下の数字の金額ばかりラインを引く時もありました。300円代の金額は

お買い物の後のお釣りから入れたりしていました。

貯金箱に毎日小銭を入れていると あっという間に満杯に

なってしまうので マメに銀行の ATM窓口の小銭入れに

預金していました。

そこが面倒で、量を調整しないと受付けてくれないので

手間でしたが、あとは負担なく貯金できてました。

家でお茶飲んだら貯金する、というように 何かの行為もセットにしたら忘れなくて良いと思います。

預金通帳が最初は1000円以下だと先が遠いと思われますが 積もり積もって 365日貯金が完了するとトータル6万6千795円になるので驚愕します。

何か、ドラゴンクエストのゲーム、スライムがレベル99になって とてつもない威力を発揮するような、そんな感覚でした。逆に1年間、コンビニで飲み食いしたら

これ以上な金額を遣っているかもしれないと考えたら恐ろしくなりました。


専門店で買い取ってもらって不用品をお金に替える

自宅にある不用品を処分するためにリサイクルショップに依頼をしようと考えました。

しかしリサイクルショップに持ち込むとほとんどお金にはならないそうです。

重さで買取ということもあり、かなり安くなってしまうことがあります。

そこでそれぞれの専門店を探して買取を依頼することにしました。

まだ使えるけど実際には活用をしていない家電は家電を専門に扱っているリサイクルショップへ。

食器も食器買取の専門業者に持ち込みました。

するとその価値もしっかりとチェックして査定金額を出してもらうことができました。

中にはブランド食器もあって、箱までキチンと保管をしていたため、高額での買取を実現することができました。

面倒だからと言って全て同じ業者で買取をしてもらうと損をすることになります。

手間がかかってもそれぞれの専門店に持ち込んだほうが得です。

自宅から使っていない不用品もなくなり、それが多少お金になったというのは嬉しいことです。

色々業者を調べてからどこがいいのか、ということをチェックして買取をお願いすると後悔することもないと思います。

不用品は廃棄をしてしまえばお金にはなりませんが、買取依頼をすれば多少でもお金になるので、助かります。


割引が適用される日を選んで買い物をする

スーパーでも大手のところでは1か月の中でも特定の日に全商品に割引を適用させて購入することができる、というキャンペーンを行っています。

そういう日を狙って買い物をするのも節約につながります。

ペットフードを購入することが多いのですが、毎週水曜日は5%オフで購入をすることができる通販サイトがあります。

なので水曜日を選んで発注をするようにしています。

またそのサイトはスマホ専用のポイントサイト経由で注文をすることができ、ポイントの還元率も高いので、かなり安く購入をすることができます。

他の通販サイトと比較をしても、元々の値段が安いので、そこから更に割り引かれるということもあるので、お得です。

こういうこの日なら割引が適用される、という日を狙って購入をしたほうがお得ですし、より安く購入をすることができます。

本当に微々たるものかもしれませんが、ペットフードは購入頻度も高いので、1年単位で考えるとかなり大きな割引になると思います。

1回の購入金額が1万円以上であれば、送料も代引き手数料も無料になるので、損をすることもありません。

1か月に1回でもまとめて購入をするようにしているので、かなり節約にはつながっていると思います。


今日は節約をするために、買い物はしませんでした。

今日は節約をするために買い物はしませんでした。そのために買い物日は一切出しませんでした。なので今日使ったお金はゼロ円です。なんだかゼロ円って結構いいですね。響きがいいです。結構嬉しい感じがします。子供がいるとどうしてもお金が必要なんですけどなかなか出費が痛くて出せない部分があるのでそういう時に困ってしまうんですがなかなか思う通りの出費が出て行かないのでこういう日に節約ができると良いなと思っています。でも節約節約になってしまうと気持ちまでなんだかあーって感じになるので、あまり極端な節約はしないようにとも思っています。

でも、必要最低限の節約はしようと思っていて、色々なことを考えた挙句毎日通うコンビニをやめました。近くにコンビニがあるとそういう事になってしまいますからやめようと思ったんです。なのでこれからもコンビニに行くのはやめようと思っています。これからもコンビニにかようのはやめて行こうと思っています。他にはお風呂の水をためるのをやめて必要な時だけシャワーをするという事に決めました。結局のところやっぱり出費は痛いので、極力削減していく方向で行こうと思っています。特にこれからの季節は暖房も必要なくなってくると思うのでそうしようと思います。


レシピを変化させて食費の節約を実現!

「節約をして、生活費をうかせて貯金をする」って、簡単なようで、とっても難しくありませんか?

専業主婦歴約20年の私も、今までありとあらゆる節約法を調べて、チャレンジしては、長続きせず挫折することを繰り返してきました。そんな私も、ここ数年は、節約の項目を食費に絞り、1ヶ月2万円の食費削減を達成しています。

家計簿を見直すとわかるのですが、生活する上で一番出費を占めているのが、食費なのです。そのうえ、一番出費を減らすことが可能なのも食費です。

以前は、友達とのランチの機会を減らしたり、家族でのお出かけを減らしたり、好きなものを買うのを我慢したり、私なりに色々頑張りました。でも、やっぱり息抜きがしたいんです!辛抱するのが苦手な私は、何かを減らしたり、我慢したりする節約方法が、どうしても続きません。

そこで、毎日の家庭での食事を見直しました。結構無駄にしている食品も多く、まずはその無駄をなくすように、買い物をするときに気を付けました。これは、我慢ではなく、無駄を省くということなので、苦ではありません。

それから、1つの料理で2日食べれたら、食費も浮くし家事も楽だよな~と思いつき、様々なレシピに、一工夫して食卓に出してみました。すると、家族の反応が良かったんです。

例えば、(カレーライス→チーズと半熟卵をのせて焼きカレー→カレーうどん)とか(おでん→おでんの残りを使って炊き込みご飯)とか(ポテトサラダ→ポテトサラダでコロッケ→コロッケとキャベツを挟んでコロッケパン)などなど、他にも色々なレシピを変化させて、食卓に出しました。

食べ飽きて捨てることもなくなり、少しアレンジすることで家族も喜んで食べてくれ、何よりも食費が減りました。

この節約方法は、減らして我慢してばかりの以前の方法と違い、新しいレシピが生み出せる楽しみがあり、辛抱のない私でもずっと続いています。

これからも、ちょっとしたアレンジでできるレシピを増やしていこうと思っています。


2児ママの節約術

私の節約術。

1つ目は買い物は1週間に1回に抑えること!

1週間分の献立をザザッと考えているものだけを買うようにしてます!!子供が小さいためお菓子など予定になかったものを買うことはあるけれどそれは許してます!!

1つの材料で出来るだけ多くのおかずをつくるといいですよ!

例えば大量に入っているひき肉を買ったらハンバーグ、三色丼、1つの材料で2つもおかずができちゃいますよね!

野菜も出来るだけ食べてもらうようにしてます!肉を書くより野菜の方が私の住んでるところは安いので野菜は必ずと言っていいほど使ってますよ!体にもいいですしね!

2つ目は洗剤などは薬局で!しかもポイントが倍のときに!

薬局に行くと一通りの洗剤揃えてたら結構なお金いっちゃいますからこれはポイントが倍のときにいってポイントを貯めます!そしたら500円引く券が発行されたりするしなんといってもポイントを貯めるのがはやくなります!女の子だといろいろそれあるものあるし化粧品からなにからなにまで大変ですもんね!!

だからポイントが倍の日に買いましょう!

3つ目は車などのガソリンもポイントが付くところで!

私の場合ポイントが1番なので車のガソリンもポイントが大事!もちろん安い日に入れるのも1つの考えようですね!

主に私はこの3つで節約してます!

参考になればいいです!


小さいことから少しずつで貯めてみせる

節約をするのにはまずは、ものに左右されない生き方が大事だと思っています。いくら食費を節約しても、物をどんどん購入していてはダメだ!まずは身の回りを綺麗にして物に左右されない生き方を目指すことにしました。物を買うときは本当に必要なもので長く使えるのかなどを考えて購入するようにしています。そこですぐにできるものもあるので是非とも実践してください。

①食料品は極力まとめて決めたスーパー、ドラッグストアで購入すること。

なにもなくやっぱり外出したらお金が飛んでいくもの。買うなら場所を決めてポイントを貯めるのがコツ。また

安いからと言っていろいろなところで買い物するのはガソリン代の節約にもなります。

②予算を決めてその金額だけ財布にいれる

やっぱり財布にはいっているとついつい使ってしまうもの。食費は月にこれだけならと思う金額を決めてそのなかなら豪華な食品を使う。

③いらないものは旅立たせる

使わないものがあったって散らかるだけです。いらなくなったこども服や2年着なかった服は今後も着ないと思います。古着屋さん、リサイクルショップ、ネットなどを上手に活用しましょう。

身近なところから節約や貯蓄はできると思っています。塵も積もれば山となるです。


二人暮らし・食費2万円で節約

我が家は、主人と2人暮らしです。子どもができるまでに少しでも貯金をしたいと考えていますが、私も主人も独身時代からお金を貯めることがとても苦手で困っていました。

決まった額を口座に残したり、貯蓄用に別に口座を作ってそこに毎月決まった額を振り込むなど、いろいろな方法を試しましたが、ついついおろしてしまってなかなか貯まりませんでした。

そこで、ストレスなく、日々の生活で削れるところを削って残った額を貯金しようということに決めました。

家賃、光熱水費、通信費などの固定費は、なかなか削るのが難しいので、生活費をどうにかできないかと考え、

それまで1か月でざっくり3万円くらい使っていた食費を、きっちり2万円に決めて生活することにしました。

この2万円には、お米や調味料も含みます。

月初めに、お米や調味料などの大物を購入し、残った額で1か月をやりくりするかんじです。

1か月2万円で生活するために、いろいろな節約レシピを編み出しました。

とても使えた食材はひき肉です。炒め物にしたり、餃子のタネのようにまとめてまわりに刻んだキャベツを付けて蒸したキャベツ焼売にしたり、水切りした豆腐とあわせて豆腐ハンバーグにするのは、毎月お決まりのメニューになっています。

慣れてくると、レシピを考えるのも楽しく、最近では2万円と決めているけれど少し余って、そのぶん貯金にまわせるようになりました。

ストレスなくゲーム感覚で節約できるので、食費を制限するのはおすすめです。


コストコではマストバイ、ロティサリーチキン

コストコの食品エリアでの人気者、ロティサリーチキン。チキンを丸ごとロティサリーで焼いている、豪快な料理です。テーブルに出すと映えるので、ダイニングテーブルに一度はシルバーの大皿に飾って出したら家族も盛り上がりますが、現実的には切り分けて取り分けてあげたほうがいいので、すぐキッチンで解体しましょう。

ポイントは

・骨のついている手羽などはガブリと気分があがっている時の方が食べやすいのですぐに出す

・肉が豊富についているエリアは現実的に食べれそうな量だけのみを今日は出す

今日食べないなという精肉は、テーブルにださずに使いやすそうな部位にわけて、ジップロックやタッパーに入れると良いでしょう。

翌日以降、サラダに載せたり。チャーハンの具にしたり、炊き込みご飯にしたりすると、肉が消費しやすくなります。

また、今日食べ終わった骨の残骸は、スープをとると良いです。

細かく切った野菜と一緒に炊き、トマト缶を入れるとミネストローネ風スープになりますし、それでも消費しきれなかった場合にはカレーにすると良いでしょう。

おいしいチキンストックがとてもはえます。

800円未満のチキンですが、それ以上の働きをしてくれるので、節約メニューに最適です。


自分の洋服代は一切買わないことにします。

今月は貯金をするためにも自分の洋服代は一切買わないようにしようと思っています。その理由は、先月余りにもたくさんの洋服を買いすぎてしまって、沢山お金を使ってしまったからです。今月はその分をセーブしようと思って買い物をしません。

そのために外出もあまりしないように控えて、必要なもの以外は一切買わないようにします。そして、買いたいなと思っても自分の中で買わないようにブレーキをかけるようにして、自分の心に言い聞かせようと思います。「先月あんなに買ったから今月は絶対に買わないこと!」というように言い聞かせてしっかりと管理を行いたいと思います。

みなさんは家計管理得意ですか?私は本当に苦手なので、ざっくばらんに今月はこれだけ貯金するという感じで先取り貯蓄をしています。とても良い方法なのですが、やっぱり使ってしまう時は使てしまいます。なので今月はしっかりと言い聞かせて宣言しようと思います。洋服が欲しくても絶対に買わないようにします。

その方が自分のためにもなりますし、家計のためにもなります。そんなに毎月買っていては身が持ちませんから。気を付けて生きていこうと思います。でもやっぱりほしいと思ったら買ってしまいますよね。


高騰してきている今だからやるべき事

食品関係も段々と高騰をし始めていて、昔より安く手に入れる事も難しくなりました。特に野菜などは鮮度があるので買い貯めする事も難しいのが現状です。

安い時にたくさん買っておく事ができれば、月に千円でも節約は可能となります。

野菜は時期により破格になる事もあります。なるべく安い時にたくさん買って、うまく保存しておく事で節約になります。

他には、作りおき調理をしておく事です。料理をする時に必ずベースとなるものは存在します。ミックスベジタブルは彩りにもよく、アレンジがしやすいです。

また、材料の保存や作りおきでなく、料理自体を作りおきするのも経済的です。カレーを作る時にジャガイモや人参、お肉を煮ますが、その半分を取り置きしておけば、肉じゃがも作れます。味付けするだけなので、手間も省けます。

ポテトサラダを作る時は少し多めに作り、翌日は衣をつけてコロッケにする事もできます。

1つの料理でリメイクや同時に違う料理を作るなどして、小分けして冷凍しておけば、忙しい朝や夜ご飯にも1品として活躍できます。

冷凍食品でも色々ありますが、ラインナップを見ていると、普段自分で作るようなメニューが結構あり、煮物だったり揚げ物であったり、それらは作ろうと思えばつくれるもので、ただ少し多めに作るだけです。

色々ストックしていけば、メニューにも困らず、買い物も減り、節約にも繋がります。


ヘアモデルで楽しく節約!

節約はしたいけど、美容やおしゃれは手を抜きたくない!

そんな悩みはありませんか?

そこでおすすめしたいのが、ヘアモデルによる美容院代カットの方法です。

ヘアモデルは美容師の卵の方の練習台となることで、通常よりかなりお安く施術代をあげることができるシステム。

お店にもよりますが、例えばカット代4,000円→1,000円に、カラー代5,000円→1500円になるなど

お財布がピンチの時には心強い味方になってくれます!時には無料なんてことも!

ただ気になるのがその品質。

私も最初は「アシスタントの人に頼んで変な髪型になったらどうしよう…」と

心配していましたが、実際には横にベテランの先輩がついて指導監督のもと、カットを進めていきます。

(その代わり、通常のカットより時間はかかりますのでご了承のほど…)

もちろん仕上がりに不満があれば、出来る限りはお直しして頂けるので安心して挑戦できます。

探し方は主に3通り。

①店舗で貼り紙を探す/問い合わせる

日頃横を通る美容院をよく見てみてください。

窓に「カットモデル募集」という貼り紙を貼ってあることがあります。

もしくはお店のサイト、電話で問い合わせてみるのも一案です。

②minimoなどのモデル募集サイトで検索する

「カットモデル 募集」などの検索で出てくるモデル募集サイトでは

常時、カットモデルの情報が掲載されています。

メニューの内容、場所などで検索できてとっても便利。

全てをネット上で進めることができるので楽ちんです。

【minimo】https://minimodel.jp/

③街頭で声をかけられるのを待つ

これはあまりおすすめしないのですが、街中でカットモデルの声掛けをしていることもあります。

美容師さん本人による声掛けで、無料でやってくれることも多いです。

ただし、キャッチセールスや危険な人に会ってしまう可能性もあるのでおすすめはしません!

以上、ヘアモデルに関する情報をざっとご紹介してみました。

季節も変わりイメージチェンジをしたい時期。

ぜひみなさんの挑戦してみてくださいね。


自炊最高!

私が特に行なっている節約方法とはやはり自炊が1番良い方法だと考えています。

なぜかというと、自炊は家事のスキルが上がっていくからです。

例えばまず材料の調達をする際は材料の値段や質またはどんなものが売られているのかなどを日を追うごとに見極めることが可能になっていきます。

お金の節約方法も前もって分かっていれば本当に必要な材料の分だけ買えば良いので買い物の仕方も決してバカには出来ません。

それに買い物だけでなく当然のことながら料理のスキルも身につけることが出来ます。

単純に炒め料理や焼き料理といった比較的簡単な調理方法だとただただフライパンの上でやるというだけでなく綺麗に仕上げるためには何をすれば良いのかまたはどのくらいの火力でやれば良いのかさらには材料によっては先に炒めたり焼いたりした方が良いものなのかどうかといったようにしっかりと頭を使って考えることができるので料理と同時にボケ防止にもつながります。

このように自炊と一口いっただけでもちゃんと節約のためにしようと心がければお金が貯まるだけでなく家事の基盤が身につけられるので確実にオススメしたい節約方法です。

私もこれからもずっと続けていきたいです。


一人暮らしをする方に100均のレンジ調理器具をお勧めします。

春は旅立ちの季節ですね。親元を離れて一人暮らしを始めようとする若者も多いのではないでしょうか。新生活に夢や希望が膨らむ反面、自炊に不安を抱くこともあるでしょう。そんな一人暮らしの不安を一蹴してくれる強い味方となるのが100円ショップで販売されている電子レンジ調理器具です。

100円ショップの調理器具コーナーには、一人暮らしで自炊するには充分過ぎるぐらいのキッチンアイテムが並んでいます。初めての一人暮らしで自炊が続けられるか不安の方は、100円の器具を揃えて新生活を始めるのもいいでしょう。その中でも特にお勧めする商品は電子レンジ調理器具です。一人暮らしのキッチンは、調理場が狭くコンロが一口しかないと、調理に時間がかかってしまうので、持っておくととても便利なアイテムです。

一人暮らしによくあるパターンとして、新生活を始めた頃は栄養を考えて調理をしますが、次第に面倒になり始めることもあります。例えば、鍋で作った袋麺をどんぶりに移さず、鍋のまま啜るようになるかも知れません。そんな時にお勧めしたいのがレンジラーメンです。この中に袋麺の中身を入れて、お湯を注いで電子レンジにかければ出来上がりです。このどんぶりが器の代わりになりますし、火も使わなくて済むのでとても便利です。

一人暮らしを始めることで、改めて食事を準備する大変さやありがたさもわかってきます。新しい環境に慣れるのに必死で、食事のことまで手が回らないかも知れません。

そんな時助けてくれるのが電子レンジ調理器具。少量を短時間で用意したい一人暮らしには強い味方となってくれますよ。