ズボラな私でも先取り貯蓄で貯金ができました。

私は結婚して初めてお金のやりくりをしなくてはいけないという壁にぶち当たりました。やりくりのイメージはケチケチ節約して、夫のこづかいを減らすといったイメージでやりたくないと思っていたのです。しかし、親に「残った分を貯蓄するのでは貯まらないよ!先に貯金分を取っておいて残りを生活費として使うんだよ」と言われ、無理のない程度で世帯収入の2割の貯金を目指して先取り貯蓄を始めました。これまでは今月も残らなかったと落ち込むときが多かったのですが、先取り貯蓄では残りがどれだけ使っていいのか明確に分かるので、家計簿をつけることが苦手な私でも続けることができました。

先取り貯蓄に慣れてきた私はその後、食費なども月の予算を封筒に先に分けるようになりました。大体月に何回食料品を買いに行くか検討をつけ、その回数で食費の予算を割って一回の買い物で使って良い金額が分かるようになってから食費の節約もできるようになりました。お菓子や冷凍食品の無駄買いが無くなり、食べきれずに捨てる食材もグンと減りました。また、冠婚葬祭のときのために特別費として毎月1万積み立てることも決め、急なことがあっても貯蓄を崩さなくて良いようにすることができました。家計簿をつけることが苦手な方は、先に予算を取っておいて、後を使って良いものとするという方法がお勧めです。


毎日コツコツ節約生活を楽しんでいます

夫は定年退職まで15年、妻は高齢出産の我が家では子どもの教育費と老後の生活に備えて少しずつ貯蓄をしています。共働きをすればいいという考えもあるのですが、私が妊娠して退職したため、子どもが幼稚園に入るまでは手元で育てることにしました。

となると、収入を増やすというよりは、節約をするという方法で貯蓄をしなければなりません。NPO法人で働いている夫の給料はそんなに高くはありません。毎月の給料でいかに楽しく節約するかというのがポイントとなってきます。

専業主婦なので自炊をしています。チラシを見て安いお店に買いに行くというより、近所の4件のスーパーの特売日や時間帯を狙って買い物に行くとお得に買い物ができます。その日のうちに調理をしてしまうので見切り品なども躊躇なく買ってきます。子どもがお手伝いをしたい年頃なので、買物も楽しんでいるようです。

家にいると光熱費がかかるので弁当持参で子どもと一緒に児童館や公園にでかけています。夫も事務所で食べるときは弁当を持たせています。残った食材をアレンジする方法がわかれば飽きずに食事を食べることができます。

区報や街中の掲示板を見て子どものイベント情報を集め、近所のママと情報共有をしています。地域柄か子どもが楽しめるようなイベントが平日にも開催されることがあるので要チェックです。
夫の仕事の都合上、なかなか遠出はできませんが、3ヶ月に1回ほど大きなイベントを設定し、少しだけ贅沢をするようにしています。


貯蓄は貯蓄で増やす! らくらく投資の方法とは?

貯蓄は増やしたいけれど、あんめり切り詰めるのは楽しくない。そんなあなたにオススメするのが投資です。

投資といえば株を想像すると思います。
そして「下手をすれば大損してしまう」「始めるのに大金が必要」というイメージが強いのではないでしょうか。

株を始めるならばその通りです。
今では少額で買える株も多くなってきましたが、やはりほとんどの株は購入するのに何十万円か必要になります。

ここでオススメするのが投資信託です。
投資信託は、株式などの投資の運営をする人たちに資金を投資するものです。なんと1円からでも始められる投資信託もあります。

こちらも元本割れを起こして損をしてしまうこともあるのですが、少額ではじめればそうそう痛い目をみることはありません。
また、「安定型」と呼ばれる投資信託であれば、大きく損をすることはまずありません。

そして、今年からは国が主導する制度として「積立NISA」が始まります。
通常、投資で得た利益は20%が税金として国にとられてしまうのですが、この積立NISA制度をつかえば、税金を取られることなく、利益がまるまる自分のものとなります。

やりかたは簡単。証券会社(手数料の安いネット証券がオススメです)に積立NISA口座を作成して、購入したい投資信託を選び、月にいくら積み立てるか決めるだけです。
年間の積立合計が40万までという縛りはありますが、つきに3万円を積み立てても年間36円。

それに配当がプラスされるという計算です。
引き出しはいつでも自由なので、これを機会に投資を始めてみてはいかがでしょうか。


夏にやる軽減について

私の中で夏季というのは最もカットに力を入れないといけない陽気だったりします。何故なら何も意識していなかったら水道賃料も電気代も全ての機会の中で夏季が頂点増えるからだ。ほぼ瓦斯代に関して言えば冬季が頂点加わるんですが、夏はシャワーを浴びる数も、洗濯をやる数も増えますし、電気は言うまでもなく冷房ですね。

また何となく刺々しい賜物を買い食いしてしまう機会でもあります。外出して暑いから涼を求めてアイスや飲料を飲んでしまうし、コンビニで購入するから割高になってしまう。

だから冷房は低めの気温に設定したり、寝入る時はタイマーにしたり、曇りのお日様はつけずにアイスノンで凌いだりといった努力をしていらっしゃる。上アイスは業種超絶などが安いのでそこで購入したり、上家でカキ氷を作ったり、チューペットを固まらすといったことをせっせとしています。上湿気に関しては水筒を持ち歩くため飲料を購入するのは防ぐようにしています。

魔法瓶にすると大いに刺々しい状態で持ちますし、最近は甚だ小さくて小柄な水筒が多いので持ち運ぶのに便利だと言えます。他にもマイホームは夏は1間隔サマータイムだったりします。寝る時間を1間隔速くして1間隔早く起きる。私の座敷は日当たりが思い切り夏は日の出の間隔が早いし明るくなるので起きてしまうのでそうしていますが、電気代のカットにはなりますね。


塵も積もれば山の貯金箱

ダディと私がやる学費貯蓄があります。
屑も積もれば山野と変わるでおそらくやるそれぞれもとてもいると思うのですが、うちの場合も大きな経験容器で頑張っています。
お配達をして残る小銭をその経験容器に混ぜるようにしているのですが、ダディも私もそれに入れています。
私はしかし、ダディのように100円まで閉じ込める余分がなくて100円以下のものを入れています。
正直主婦として一日に取り扱う惣菜などのチャージを計算しているので、100円という費用までは
入れれないというのが現実です。
それから子ども達は、使った費用の残りの小銭をそれほど1000円などに両替やるというのですが、
ダディが両替をしてあげて、その小銭も経験容器にする。
スーパーマーケットなどの配達に行って小銭が出来ないというのは絶対にありえないので、毎日のように経験をするのが習慣になっているのですが、
一番マメにやるのがダディのようです。
そしてそれを歳末に皆で数えるのがしきたりになっているのですが、かなりの金額になるので凄まじいものです。
その費用を二人の乳児の通帳に貯金していらっしゃる。
子ども達がお年で近々始めたタイプなので、ざっと10年齢以上になります。
計算したお金が中途半端になったらそれにたして調度良い金額にして貯金していますが、年々正に一心に頑張ったと励みになります。
こういうきっちり経験と小額である学費保険でキャンパスにいくのに苦しみがなさそうだ。


広範家電を貰うための積立をしておく

冷蔵庫や洗濯好機、室温といった家計七つ道具の大型家電はお値段も10万円以上と高額なカタチばかりだ。
しかも、何とか大切に使っていてもきっと10時代ほどで寿命が来てしまい、転換が必要です。
大型家電の転換の出費って、頭が痛いですよね。
賞与支払いや割賦にしてやっぱり購入するという方も多いと思います。
そういうギリギリなことにならないために、身は転換が必要な大型家電は一人ひとり個別の積立をしています。
冷蔵庫専業、洗濯好機専業、室温専業…といった度合だ。
そうしないでただ備蓄だけしていると、一時出費がある際などについつ手をつけてしまい気味だからだ。
家電用の積立はその小物を貰う結果だけに取り扱う、それ以外は例え生活費が足りなくなっても絶対に手をつけない、という厳格な慣習が大切です。
一月位の積立総額は1,000円ほどからでも大丈夫です。1時代で12,000円、10時代で120,000円にもなります。
余裕があるときにちょっと上積みしておくともう一度安心なります。
身は当初月々3,000円ずつ積立したりずいぶん頑張ったので、数年で目標額に達し、余裕で買い換えることができました。
置きかえた以後が積立始める大瞬間だ。少額ずつ貯めていっても10時代ほどあるので十分な金額を積立られます。
やがて寿命が来ちゃう!というヒトはちょっときついと思いますが、諦めずに即時積立はじめれば現金の付け足しにはなるので、直ちに家電件積立を始めることをおススメします。


コツコツ貯金がダメというわけじゃないけど

社会人になってからもがんばってきた預貯金。ざっくりと課題にしては、月々これまで入金をしてきました。

ですが今の時代、資産運用や資産形成といった言葉が普通に歩いているように、いろいろな意味で投資の時代ですね。

定期預金をするにしても、銀行への長期預入期間に対して少ない利率にほとんど期待できない時代として、我が家も投資信託などいろいろと不労所得を作っています。

株式でもニーサでも何でも、資産運用のことを知るほどに、やはりコツコツ貯金をするよりはるかに合理的ですし貯蓄パワーがあるということが分かりますね。

その代わり万能という保証はもちろんなく、賭け事的でもありますが、そうかといってあまり先々の兆しを気に揉んでいても何もできなくなってしまうのでそこはある程度割り切りです。

いざというときすぐに取り出せる備えとしても、ごくごく従来型の貯金がないよりあったに越したことはありません。

なので、プリミティブに封筒貯金や金融機関口座の貯金を続ける傍らで投資信託など、資産形成に努めている我が家。

ITの大変便利で合理的な力のある今や、インターネット画面からパッパッと、株でもネットバンキングでもと思うとこの時代のIT技術には恐れ入るものです(笑)。

日々の節約がうまくいった分の一部は次の資産形成のための資金源へ回し、徐々に次の株式なり投資信託なりにシフトチェンジしていきながらとにかく意味のある節約やお金の使い方を今後もがんばっていきます。


備蓄のツボ

金額を蓄えるのは大変ですが、ちょっとした技術を決めるとするならば、ひと度お所得や貰える金額は、「懐に入ってから働きを位置付ける」というのが一番です。
正当じゃないかと映るかもしれませんが、これがさほどそうではなくなにか買い物をするときやトリップを本旨するときに、今月は酷いけれど次月の所得が入ればとか、賞与がもらえるので万全と無意識に考えてしまいがちだ。
そうではなく、今日手持ちも金額でようやくならないのであれば、蓄えるまで頑張るなり、我慢するなりを練り上げるだけで、全体的に貯えを考えられるようになるでしょう。
今月のお所得は20万円入るから、10万円を光熱費、店賃として、残り10万円なんて場合は、10万円を下ろすのではなく、課題でも10000円ずつ下ろして利用するようにしましょう。
10万円が手元にあって、次の所得を待つのと、10000円ずつを使い切ってから、金額の働きを策するのでしたら、後のほうが貯えとして留まる金額も大きくなります。


自家製で節約だ

私の縮減方法は、何と言っても手作りに限ります。

もちろん私の手間はかかりますけど、赤ん坊陣も手作りの物を喜んでくれるので一石二鳥です。

縮減のきっかけになったのは、長女のフードアレルギーだ。

今は昔と違って、候補望めるタイプもたくさんあるけど、どれも高額です。

バストと小麦と大豆がダメダメので、外食を終わる実態めた縮減になりますが、候補と繋がるアーモンドバストやライスバスト、米国粉などは多額んです。

なので、赤ん坊陣のオヤツや食べ物はすべて手作りで、総菜やレトルトは使いません。

こちらが縫い物や編み物が趣味なので、簡単なワンピースやセーターは手作り決める。

私の手間を抜けば、毛糸や布料金しかかからないし、好きな様に作って言える世界で一つしか弱いタイプだ。

その外の縮減だと一般的だとは思いますが、電気をコマメになくす実態や、家くずはグングン収れんして鞄料金を切り捨てます。

ドリンクもお湯で沸かすやつの、麦茶やルイボスティーだ。

お米国は一度炊いたら細分にして冷凍したり、野菜も色々なランキングを茹でて冷凍しておけば、直ぐに調理出来るから時間も縮減出来ます。

プロパンガスなので、節約しないとやにわに高額になるので、煮込み夕食には圧力鍋が大奮戦だ。


小さな事からコツコツと明日から始められる事から見つけていく

お金の悩み…どの年代でも絶えない悩みかと思います。

私も日頃のお金のやりくりに苦労しています。

収入を増やせるのが一番良い事ですが、このご時世なかなか給料アップをするにも才能や知識が必要な場面が多く、増やすのは容易い事ではありません。

今貰っているお金でどうするべきなのか、どうしたら節約できるなのか考えていきたいと思います。

まず手始めに今自分の収支のバランスがどうなっているのかを知る必要があります。

そう家計簿をつけましょう、人はある物はどんどん消費しますからまず抑制させるにも現状を知る事が大事です。

家計簿といっても沢山の種類が販売されており、細かく記入できる物やテーマごとにまとめる物まで様々、選ぶだけでも疲れてしまいます。

そんな時はできるだけ簡単なもの、ザックリとしていて全体把握ができる程度の物にしておくのが無難です。

細かくお金管理が出来る方は別ですがほとんどの方が細かすぎると継続できません。

可能な限り簡単でシンプルなものを選んで収入から光熱費や家賃、食費等を記入して差額を見える化しましょう。

書くのが苦手な方はスマホアプリが有効です。

今だとレシートを写真で撮るだけでお金の計算をしてくれるアプリもありますのでお勧めです。

ちなみに私も日々アプリに計算してもらっています。これかなり簡単なので私のようなめんどくさがり屋さんにお勧めです。

全体収支が見えたら今後は本格的に節約です。

賃貸の方は家賃は毎月固定で抜けていくので致し方ないとして光熱費…あっ水道が…電気が…ガスが…料金はそれぞれのご家庭で違うと思いますが値段を目にすると高い物が見えてくると思います。

電気なら昼間は消して過ごしてみるとか、誰もいない部屋は必ず消すとか、エアコンは夜はタイマーにして付けっぱなしにしない等、できる事から実践しましょう。

習慣化するとみるみる使用量が減るはずです。

水道もガスも同じ事が言えますので、シャワー浴びる時はこまめに止めたり、炊飯器の保温をやめてみたり、その一つ一つが山になります。

もうやってるよ!という方は次に削れるのは食費になるかと思います。

恐らく食費が一番高いはずですので、まず献立を考えましょう。一週間分だけで構いません、献立を考えて一週間分一気にスーパーへ行って購入します。

そして献立通りに食材を使っていくようにします。これだけでかなり効果があります。

次に可能なら一日の使えるお金を設定しましょう。私の場合は一日2000円です。

100均に布製のカレンダーにそれぞれ日にちにポケットが付いた商品が売っていますので、買ってきてそのポケット全てに2000円を丸めて詰めます。

毎日ポケットからお金を取ってそのお金だけで過ごせるように工夫します。

余ったらその日のポケットに戻して次の日また次のポケットからお金を抜いて過ごす、この繰り返しです。

余ったお金は友人や交際相手との飲食や自分へのちょっとしたご褒美として使用したり、貯金箱へ月末に移していきます。

こうする事で本能的にお金の上限が身体に染みていきますので衝動買いや見栄を張って買ってしまうような事がなくなっていきます。

この一日使えるお金の設定もギリギリ行けるかな…大丈夫かなと不安になるレベルだとストレスになり破綻しますのでご自身の生活環境を考えて無理ない範囲にしましょう。

節約は一日だけでは効果はありません、小さい事を数多く実践し継続する事が大事です。

お金がないと悲観的になりがちですが、あるお金で乗り切る事を実践していき節約する事にポジティブになれると上がりがちな生活水準を下げる事が出来ます。

毎月1000円浮くだけでも喜びに変わります。

節約は自分の人生を豊かにしてくれると私は思います。周りを見渡してみてください、明日と言わず今から出来る事が必ずあるはずです。

さあ行動に移しましょう!