先取り貯金は、積み立て定期が有効です

貯金方法に、先取り貯金、余ったお金を貯金する方法があります。お金の使い道に計画性があり、お金を残すことのできるタイプなら、余ったお金を貯金する方法でもいいと思います。しかし、気付いたら財布からお金がなくなっているタイプは、先取り貯金!しかも、引き出しにくい方法での貯金がオススメです。

先取り貯金でも、自分で入出金をする方法だと、お給料が少ないときなんかに、ついつい貯金を後回しにしてしまい、なかなか貯金が増えない場合があります。そんな時にいいのは、強制的に積み立てることができ、尚且つお金を引き出しにくい「積み立て定期貯金」です。

一定期間を過ぎると、出金することができます。しかし、ATMでは出金できず、印鑑を持って窓口へ行かなければなりません。貯金全部を定期に入れてしまうと、いざというときに引き出せず困るし、給料の少ない月や、支出の多い月に、生活費が無くなってしまう事態になるので、一部を積み立て定期貯金にした方がいいです。

あとは、一つの通帳に貯めるのではなく、用途別に定期の通帳を作るのもいいです。一冊は、出金する予定のない通帳。二冊目は、車検代や税金などの、今後支払う予定があるお金を貯めておく通帳です。気付いたらお財布のお金がなくなっている!というタイプは、一つの通帳だけだと、沢山お金がある!という錯覚に陥って、ムダ遣いしてしまうからです。

効率的に貯金するには、まずは自分の性格を知り、貯金方法を決めるところからだと思います。


なんてったって予めが節約の要!

私は一言で表すと「せっかち」な性格です。

なんでもかんでも気になって、予め準備を進めておかないと気が済まない性分。

もうこれは治しようがないので、前向きに考えるしかありません。

そうしたら、「私って節約志向だわと気が付きました。

まずものすごく前から準備するので、何かを買うにしても吟味して値段を検証。

だから納得のいくお値段で最上のものをゲットすることができています。

また早割が大の得意!

これからの季節は特に、冬休みの旅行。

クリスマスケーキやチキン、おせち。

こういった季節イベントに因んだものは、早割特典が利用できることが殆どなのです。

それも早ければ早いほど割引率が高いものも中にはあるので、情報収集に余念がありません。

特に家族旅行については馬鹿にならないので、恒例の旅行は既に1年前からスタンバイしている感じです。

安くて納得のいくものを変えた時の幸福感に身を委ねている時は主婦の至福の時といっても過言ではないでしょう。

そして全てがお得で支払いが少なく済んでいるという事実。

いまでは家族が早割情報や情報収集術について私に訊ねるほどになりました。

ものによっては1か月前、2ヶ月前なんて遅いくらいなのですから。

私はこれで家族の尊敬を勝ち取っています。


節約のために自炊頑張る!

もうすぐ彼と同棲なので、一緒に暮らしたらいろいろ節約しなきゃなーと思いつつ、

何をどう節約したらいいのかがわからない・・。

とりあえず、食費が一番削れるのかな?と思うのですが、一人で暮らしていると今日はコンビニでいいいかとか、夜は食べなくてもいいかと思いがちですが、

ふたりになるとそうもいかないので、今から覚悟が必要だなと思っています(笑)

まずはお米を切らさないようにして、ご飯は確保しようと思います。そうしたらお弁当も作れるし、ちょっと疲れていてもおにぎりを作ったりで1食分は節約できますしね。

あとは、近くにスーパーがないので、休みの日にまとめ買いして1週間分作り置きしたりちまちまとやっていこうかなと思います。

彼と一緒に買い物とか行けたら楽しいですね♪

料理は好きだけど得意とまでは言えないので、レシピ見ながら作ってみようと思いますが、野菜中心で作って知らないうちにダイエットできていたらいいな(笑)

彼は今一人暮らしで冷凍食品を詰めてお弁当を持って行っているようなので、野菜とか栄養バランス考えてご飯作ってあげないといけないなと。。

やっぱり外食する楽しみもあると思うので月に1回くらいは給料日に外食したりして、あとは普段から質素な生活をしていこうと思います。

ご褒美外食って感じですね。

でも自炊するようになったら節約もできるし、料理もいろいろレパートリーが増えたら一石二鳥ですね!


貯蓄の工夫

私は、20代の前半の頃にはあまり貯蓄をしていませんでした!仕事への投資だったり、それだけでなく、今思うと無駄遣いが多かったなと思います。それは、結婚をして子育てをしはじめてから、なおさら感じました。私はそれから、貯める工夫をしはじめました。

今までも貯めようという気持ちはあったのですが、ただ、やり方が間違っていました。使う分を使って、余った分を貯金しよう、そう思っていたのですが、それでは余るお金はなく、あったとしてもほんの少しでした。そして、それではだめだと思い、お給料が入ったら先に、貯蓄の分をよけておくようにしました。その毎月決めた決まった貯金額は、絶対に手をつけないようにしようと思いました。

そして、その貯金額を除いた金額を四週間の4で割った金額を、事前に封筒で分けました。そして、一週間に使っていいお金を分けるようにしたのです。

その方法はすごく正解でした。貯金にするお金には手をつけないようにしたし、また封筒でわけることにより、使っていい、また使えるお金が明確になったのです。だから、無駄遣いが減りました。それからは金銭感覚が整ったのが、貯金にすごくつながりました。この方法で、貯金を続けていきたいとおもいます!


レシート管理で節約意識化

レシートをお会計でもらった時どうされてますか?

私は以前、すぐに捨てていました。

しかし、その後にきちんと管理することで節約できたり貯蓄できるんじゃないかと

考え始め、現在はきちんと管理するようにしました。

会社勤めなどしている方は特に想像つくと思いますが会社には小口金があります。

経費などを購入した際には領収書をもらい管理して経理部に渡して計算して経費として計上されます。

無駄なものを購入しては理由を聞かれたり、承認されない事もあります。

このようにしっかりと自分を管理するつもりで似たことをすれば無駄が省けるのではないか思ったのがきっかけです。

方法としては

①レシートは必ずもらいお財布へ

②時間があるときにレシートをノートに貼る

③無駄なものを購入したと思うものには赤ペンで線を引く

たったこれだけです。

上記を繰り返すことで何か物を購入する際、これは本当に必要なものなのか?無駄なものではないのか?という

疑問が生まれて慣れてくると自然に無駄遣いをしなくなります。

そうするとお金に余裕が出てきていつの間にか貯蓄が増えるというものです。

現在、私はこの方法を初めて3年ほど経ちますがこれまで全く貯蓄できなかった私が80万ほどの

貯蓄に成功しました。いきなり生活習慣を変えることは難しいことです。

貯蓄はストレスを貯めないよう無理なく行っていきましょう。


ポイントは貯める事も重要ですが、使う事も重要視して。

楽天スーパーポイントは結構貯める事も容易に出来、使う場所も沢山あるので大変便利なポイントの一つです。

私も毎日クリック等をしたりアンケートに答える事で月に1000ポイント近く貯めています。ただ、この様なポイントは期間限定で、数週間から数カ月で失効してしまいます。

小まめにチェックしておかないと、折角貯めたポイントが失効してしまう事もあります。期限が間近で、実店舗も時間的に閉まっており使用できない場合には残された時間、ネットでの買い物になります。

もう数十ポイント位いいかと思ってしまえばそれまでですが、勿体ない話しです。

楽天市場で欲しくはないけど、その内必要になる物を買うに越したことはありません。が、それでも欲しい物が無い事もあります。そんな時はラクマでポイントを使って買う事が出来ます。切手にしてしまえば、換金性も上がるし使う事も出来ます。

それも面倒ならば、効率的にこの期間限定のポイントを使用するには、楽天モバイルだと思います。

楽天モバイルでは、通信費の支払いをポイント払いにする事が出来ます。足りない分はクレジット決済になります。そうすれば、ある程度決まった間隔でポイントを消費していってくれます。しかも、必要な支払いなので、ポイント支払いによってスマホを使う事が出来るのです。

買い物マラソンの時のポイント等もスマホ代の支払いのタイミングに重なれば使用されます。数百円のポイントですが、結構ラッキーです。

格安スマホを検討している方は是非楽天モバイルをお勧めします。一定期間でポイントが使われ、失効を気にしなくなりました。


簡単!貯蓄術☆

みなさんは節約に興味ありますか?…ってあるからこのページにたどり着いたんでしょうが!(ベシッ)

ということで、現在絶賛節約中の私が普段実際にやっている貯蓄術について教えていくよ!レッツトライ☆

その1.お金を使わない

貯蓄術といえばやっぱり、極力お金を使わない に限ります。なぜお金が減るのか、それはズバリお金を使っているからです。

コンビニで新作デザートやら〇〇チキとやらを買い食いしてませんか?

百均で「100円だし…」と今特に必要なわけじゃないものまで買ってませんか?

今自分にとって本当に必要なものなのかをしっかりと考え、金の亡者になりましょう。

その2.お金を使わない

おい、何で同じこと何回も書いてんだよって思ったあなた。これは刷り込みです。何度も言います。

お金が減るのはお金を使っているからです!!

その3.家計簿をつける

渋々お金を使わないようにすることを決意したあなたにオススメなのが、家計簿をつけることです。

大学ノートを1冊用意し、左ページには通帳のようにいくら入ったか(+)減ったか(-)で用途と金額をノートに記入していきます。右ページには支払い予定の用途と金額をメモして合計し、収入分から引きます。それが今月の貯蓄額になります(使わなければ)。

見える化することで危機感が生まれるはずです。遊ばず真面目に働いても、ただ生きているだけでお金がかかる。そう、意外とお金って貯まりません。よっぽどの高給取りなら別ですが(白い目)。

これであなたはきっとコンビニの前やあらゆるお店の前を颯爽と素通りできるようになるでしょう。

まとめ

お金を使わない!以上!

読んでくださりありがとうございました☆


お金を貯めるためにはやっぱりこれ!基本が大事!

節約は、できる人は息をするようにできますが、できない人は本当に難しいことです。

そこで、『お金を貯める最適な方法』をお伝えします。

その方法は、ズバリ!

【支出を把握する】です。

そんなこと知ってるよ! と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、

正直なところ、これが一番節約につながります。

支出を把握すると、自分の無駄遣いがどれくらいあるのかが分かり、より効果的な節約策を実行できます。

自分の支出を把握する方法として代表的なのが、「家計簿をつける」ことでしょう。

家計簿はお金の流れを表し、経済的状況を一目見て判断できます。

、、、皆さんが言いたいことは分かっています。

【それができないから困ってるんだよ!】でしょうか。

私も、ペンを使ってすべての支出を紙に書けるほど、集中力が持ちません(笑)

なので、自分に合った支出の把握の仕方を見つけることが大切です。

【パソコンを使う】

現代では、パソコンを使った家計簿付けも可能になっています。

インターネット上には無料の家計簿ソフトがあり、そのソフトを使うことにより、パソコンに数字を打ち込むだけで支出を把握することが可能になります。

パソコンが得意な人や、パソコンを使うことが好きな人には、おすすめの方法です。

【レシートを使う】

「ペンで家計簿は書けない! かと言って、パソコンも得意じゃない!」という方もいらっしゃると思います。

そういった方には、ペンで書いたりパソコンを使ったりしない、「レシート」を使った支出の把握方法があります。

レシートをどのように使うかというと、「レシートを財布の中に入れる」のです。

レシートを入れるといっても、すべてのレシートを財布の中に入れるのではありません。

「不要な支出」のレシートのみをレシートの中に入れるのです。

“不要な支出”とは、

・将来的に役に立たない。

・生きていく上で必要ではない。

支出のことです。

必要な支出は、

{食事代・最低限の洋服代・電気、ガス、水道代(無駄遣いはない前提)・家賃}等々、、、

上に挙げた”必要な支出”の中でも、食事代に関しては、明らかに生活水準を大きく上回る食事を正当な理由なく複数回行った場合は”不要な支出”に含まれますし、

家賃も、正当な理由なく明らかに生活水準を大きく上回る家賃代は、不要な支出に含まれます(といっても、家賃はレシートが発生しませんが)。

また、「不要な支出のレシート」とは、

・購入した商品のうち、最も高額な商品が”不要な支出”なレシート。 のことを指すことにします。

また、自動販売機での購入など、レシートが発行されない買い物もあるでしょう。

その時は、適当な紙に「○○、△△△円」という風に、自分で後からわかるように書いておき、財布の中に入れましょう。

こうして1か月間、「不要な支出のレシート」を財布の中に入れ続けます。

浪費が多い人は、レシートがたくさん溜まっていくのではないでしょうか。

そして、ここからが本番です!

一か月間、財布の中に入れ続けたレシートを一気に取り出します!

そして電卓を用意し、不要な支出をすべて足し合わせます。この時、足し合わせるのは、そのレシートの中で一番金額の大きい”不要な支出”のみでOKです。

そして出てきた数字が、「必要ではない支出」です。

その金額を見て、

「これを買わなければ、○○が買えたな~」とか、「こんなにたくさん((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」という風に考えたりすると、効果が倍増します。

皆さんも、お金を貯めて欲しいものを手に入れましょう!


株主優待券をヤフオクでゲット

株主なら色んな優待でお得な生活ができるのにと憧れます。でも、なかなか投資は手が出せず。投資にチャレンジしたことのない、食わず嫌いなわけではありません。ロボアドバイザーで運用したこともありますし、すごい儲けたり失敗したりも身近で見てきました。投資シミュレーションのゲームもして練習しましたが、どうも長期運用が苦手なようで向いていませんでした。

これでは株主優待券の体験はできないと思っていたところ、ヤフオクを見るとかなり数多くの株主優待券が売られていました。よく使う百貨店は大丸と高島屋なので、大丸の女性名義のカードを買ってみました。レジでポイントカードを出す感覚で提示すると10%割り引かれます。お歳暮やインテリア、お惣菜やお土産のお菓子、何にでも使えました。

購入した額より、値引の方が大きいです。百貨店でもっと奥様のような買い物をするなら、お得度は大きいでしょう。家具や宝飾品を買う予定があれば検討してもいいと思います。年間通せば、お土産用や贈り物用に数万円は使っていたので結局重宝しました。高島屋は友の会で期間限定で配布しているとみられる割引チケットが便利でした。

お歳暮の時期は決まって高額が一気に出て行くので節約度合いが高く効率がよいです。


これで老後も安心!結婚を機にはじめる貯蓄計画。

僕は現在25歳。

最近まで、遊びや食事、買い物など我慢ができず、貯金は0円でした。

また、今年結婚を控えており老後の大きな不安がありました。

「年金は0円になるかもしれない」

ネットニュースでそんなワードを見ると、不安は大きくなるばかり。

しかし、そんな不安に反して

「貯金は来月からやろう」

と後回しを続け、1年が経過しました。

そんな僕が突然貯金ができるようになり、老後の不安を消すことができた方法をお伝えします。

やったことは2つ!

【1】現在から老後までの収支計画を立てる

【2】収支計画通りになるように貯金する

【1】現在から老後までの収支計画を立てる

知り合いのライフプランナーと60年間の収支計画を立てました。

保険の営業マンに、「老後までの収支計画を立てたい」と声をかければ、

対応してくれるはずです。(営業されると思いますが。)

【2】収支計画通りになるように貯金する

「収入 ー 支出 = 貯蓄」を計算します。

収入はすぐには上がらないので、支出を抑え貯蓄していくことにしました。

今まで無計画に生活していた僕は、老後を意識して直近1ヶ月の支出計画を立てることができるようになり

今では毎月5万円貯金ができています。

以上です。

老後のために、今いくら貯金するべきかを考えてみましょう。

計画通りに生活できると達成感ありますよ!

無理のない範囲で、計画的な貯金をおすすめします。


日々の積み重ね、小銭貯金を楽しむ

子供達が大きくなり、大学生の学費と仕送りが始まって8年目。当時は何とかなる、と思っていましたがこれも数年続くとかなり厳しい現実です。積み重なる度にどんどん生活は苦しくなり、自分の事にお金を使う事が全くといっていいくらいできなくなってきました。生活費でいっぱいいっぱいの日々です。

しかし、買い物はできなくても何か楽しくなること、と思い、貯蓄への余裕すらないけれども、節約を兼ねて楽しめる小銭貯金を始めました。

本来なら500円貯金が一番ですが苦しくなると500円玉はかなりの戦力になってしまうので、ここは出来る範囲でしています。貯金箱でも良いのですが、500円玉以外の小銭貯金は貯めるのに根性がいるので、透明のガラス瓶や綺麗な瓶、ペットボトルなどは自分でデコレーションをして外から見えるようにして楽しい貯金箱を作ります。

チャリーンという音を楽しみ、外から貯まるのが見えるとかなりのやる気になってくるのです。

毎日のお買い物の後に、財布から小銭を出し貯金箱へ入れます。そして、割引などがあれば、自分の頑張った分として、または無駄遣いを我慢した分を全て貯金箱へと入れていきます。微々たるものかもしれませんが、日々の楽しみと習慣へと変えていくと、最後には塵も積もれば山となるへと変わっていき、自分の頑張りが貯金と節約へとなっていきます。これが、小銭貯金の楽しみ方です。

1円玉がいとおしく、大切に思える節約方だと思います。


バスの割引乗車券を有効に使って交通費の節約をしています

わが町にはバスの割引乗車券があり、65歳以上の高齢者が対象ですが年間で9800円ほどで購入すると1年間、バス運賃が1乗車100円になります。また、70歳以上になると行政からの補助があり5000円で乗車券が購入できます。この乗車券が非常に便利で交通費の大幅節約になります。バスなど運行時間は不規則だし、路線も限られると思っていましたが、よく調べてみると意外と便利でした。

まず、1乗車100円ですから始発から終点まで乗っても良いのです。バス路線も意外と多様で、思いもよらないルートがあります。近くの大きな都市に買い物に行こうとするとバス、電車と乗り継いでいたのですが、これがバスだけで行けるのです。これまでは電車とバスだけで700円ほどかかっていたのが、バスを一回乗り換えて200円で行けます。特に便利なのは行楽の時です、これまで電車を使っていたところにもバスだけで行けることが多くあります。季節ごとの植物が楽しめる公園やハイキングなど同じバス会社の路線であればかなり遠くまでいけます。そして、電車を乗り継ぐよりも移動時間が短くなることが多いのです。

面倒なのはバス路線をしっかり調べておかないといけないことです。同じ終点でもルートが異なる複数の路線があったり、停留所の位置が駅の反対側であったりすることがあります。それでも年間で数千円の節約になり、以前よりも外出が多くなりました。


節約や貯蓄につながる簡単な方法

ちょっとした事で節約につながるのですが、まず最初に実践したのがタバコをやめた事です。タバコは定期的に値上がりを続けているのですが、ついに500円玉近辺まで到達してしまいました。1日に1箱買っていたので、15000円弱かかる計算になります。ただ煙を出すだけでこの金額は非常に大きいので、やめる事にしました。

これで年間18万ぐらいは貯蓄に回せる事になります。次に昼食は外食や弁当を買って食べていたのですが、安くても弁当で500円ぐらいはかかります。外食なら1000円ぐらいかかっても不思議ではありません。ここでも節約をするために、家から弁当を作っていく事にしました。

朝はいろいろ忙しいのであまり一生懸命につくってしまうと、すぐにギブアップしてしまう可能性があります。無理しないで作る為に、冷凍食品や前日の残りのおかずを利用する事できちんとつくれています。冷凍食品はスーパーの安売りデーが毎週水曜日にあるので、ここでまとめ買いするようにしています。

1週間に買う冷凍食品は1000円あれば十分に間に合うので、週に5日出勤するとして1日200円以下で弁当を作る事が出来ます。外食の半分以下で済んでしまうので、この分も貯蓄にまわすようにしています。


ふるさと納税の還元率を気にしなくなった恩恵

もう多くの人が慣れてきたであろう、ふるさと納税ですが、返礼品の数々やサイトの多さなど見るところが多すぎる時代になってきました。ふるさと納税の制度も整頓されるであろう今年、今までは還元率があまりにも違ったため、その情報をまとめたりランキングした雑誌からブログから、さらに情報過多な状態が続いていました。家計のやりくりからも、できれば最大に還元率はよくて、生活に役に立つものを一生懸命探していた人も多かったと思います。でも、一律3割と決まるのであれば少なくともお得感や損した感もなくなるわけですから今までより買い物感覚で自治体の支援ができるようになると思います。毎月決まった額で、その月の食事に使えそうな日持ちする返礼品を、あちこち探さずお気に入りのサイトから申し込むなど、よりスマートなやり方でできるようになるでしょう。

我が家は、毎月探して申し込んで、返礼品が送られてきて、証明を受け取っての一連の作業が申し込む月がバラけるほど後々の2つの工程の時期もバラけて煩雑になってくるのを我慢していました。とくに証明書は紙で郵便で送られてきてしまうので確定申告までまめに集めてとっておかねばなりません。何処を支援しても同じくらいのお得度だと割り切れたところで、大まかなシミュレーションをして四月中に一気に申し込みをし、年間のふるさと納税関係に使う時間をカットすることにしました。返礼品は食べ物で、全て冷凍品と決め、サイトも発送が早く発送時期の明記のあるさとふる一本に絞ることにしました。いかに、損得感情で時間を失っていたか痛感しました。これで食費と、大切な生きている時間や労力を大幅に節約できたと満足しています。一気に納税したことで出た出費は月々で積立てて家計に返すこととし一件落着となりました。


思い切った処分を頻回に開催する

家の収納スペースは限られています。過去の自分達によってスペースが埋め尽くされ、今の自分達や未来用のものを置く余力がなくなりがちです。今あるものが、自分を助けてくれているものなのか否か、思い立った時に判別して処分するようにしています。

処分といっても、流行りのフリマサイトに売るとなると、売れるまで在庫しておくので結局は自宅のスペースは空きません。多少安くても代行してもらうと思って、セカンドストリート や高山質店に出しています。ハピタスなどポイントサイトを経由することで、ポイントも得ています。

得たポイントは、一般的にはAmazonポイントなど現金以外のものへの交換が利益率は高いのですが、これらは使わないと価値になりません。節約なのに新たな消費をしないと価値がないものを手に入れるより、既に使用した支払いに当てることができる現金に換えるようにしています。

プレゼントで貰ったものも、気持ちを受け取り、暫く置いておきますが、それが数十年積み重なると、家中が人々の思いだらけの家となってしまいます。使わない物、実質的や精神的な助けにならないものは次々と再利用に回して、今の自分の活動に当てる資金に代えてしまうと空間的にもお財布的にも節約になります。


1円から開始365日小銭貯金

1年間365日貯金というのをしました。1円から365円までノートに数字を書いて、好きな数字を選んでその日に

選んだ数字の金額の小銭を貯金箱に入れるというものです。

貯金箱に入れた金額の数字は蛍光マーカーで消していきます。

実際には 毎日貯金するのを忘れたこともあるので

そういう時は2回分貯金をしました。

メリットは、とても楽で ゲーム感覚で出来る事でした。

お財布に余裕のないときは 100円以下の数字の金額ばかりラインを引く時もありました。300円代の金額は

お買い物の後のお釣りから入れたりしていました。

貯金箱に毎日小銭を入れていると あっという間に満杯に

なってしまうので マメに銀行の ATM窓口の小銭入れに

預金していました。

そこが面倒で、量を調整しないと受付けてくれないので

手間でしたが、あとは負担なく貯金できてました。

家でお茶飲んだら貯金する、というように 何かの行為もセットにしたら忘れなくて良いと思います。

預金通帳が最初は1000円以下だと先が遠いと思われますが 積もり積もって 365日貯金が完了するとトータル6万6千795円になるので驚愕します。

何か、ドラゴンクエストのゲーム、スライムがレベル99になって とてつもない威力を発揮するような、そんな感覚でした。逆に1年間、コンビニで飲み食いしたら

これ以上な金額を遣っているかもしれないと考えたら恐ろしくなりました。


専門店で買い取ってもらって不用品をお金に替える

自宅にある不用品を処分するためにリサイクルショップに依頼をしようと考えました。

しかしリサイクルショップに持ち込むとほとんどお金にはならないそうです。

重さで買取ということもあり、かなり安くなってしまうことがあります。

そこでそれぞれの専門店を探して買取を依頼することにしました。

まだ使えるけど実際には活用をしていない家電は家電を専門に扱っているリサイクルショップへ。

食器も食器買取の専門業者に持ち込みました。

するとその価値もしっかりとチェックして査定金額を出してもらうことができました。

中にはブランド食器もあって、箱までキチンと保管をしていたため、高額での買取を実現することができました。

面倒だからと言って全て同じ業者で買取をしてもらうと損をすることになります。

手間がかかってもそれぞれの専門店に持ち込んだほうが得です。

自宅から使っていない不用品もなくなり、それが多少お金になったというのは嬉しいことです。

色々業者を調べてからどこがいいのか、ということをチェックして買取をお願いすると後悔することもないと思います。

不用品は廃棄をしてしまえばお金にはなりませんが、買取依頼をすれば多少でもお金になるので、助かります。


割引が適用される日を選んで買い物をする

スーパーでも大手のところでは1か月の中でも特定の日に全商品に割引を適用させて購入することができる、というキャンペーンを行っています。

そういう日を狙って買い物をするのも節約につながります。

ペットフードを購入することが多いのですが、毎週水曜日は5%オフで購入をすることができる通販サイトがあります。

なので水曜日を選んで発注をするようにしています。

またそのサイトはスマホ専用のポイントサイト経由で注文をすることができ、ポイントの還元率も高いので、かなり安く購入をすることができます。

他の通販サイトと比較をしても、元々の値段が安いので、そこから更に割り引かれるということもあるので、お得です。

こういうこの日なら割引が適用される、という日を狙って購入をしたほうがお得ですし、より安く購入をすることができます。

本当に微々たるものかもしれませんが、ペットフードは購入頻度も高いので、1年単位で考えるとかなり大きな割引になると思います。

1回の購入金額が1万円以上であれば、送料も代引き手数料も無料になるので、損をすることもありません。

1か月に1回でもまとめて購入をするようにしているので、かなり節約にはつながっていると思います。


今日は節約をするために、買い物はしませんでした。

今日は節約をするために買い物はしませんでした。そのために買い物日は一切出しませんでした。なので今日使ったお金はゼロ円です。なんだかゼロ円って結構いいですね。響きがいいです。結構嬉しい感じがします。子供がいるとどうしてもお金が必要なんですけどなかなか出費が痛くて出せない部分があるのでそういう時に困ってしまうんですがなかなか思う通りの出費が出て行かないのでこういう日に節約ができると良いなと思っています。でも節約節約になってしまうと気持ちまでなんだかあーって感じになるので、あまり極端な節約はしないようにとも思っています。

でも、必要最低限の節約はしようと思っていて、色々なことを考えた挙句毎日通うコンビニをやめました。近くにコンビニがあるとそういう事になってしまいますからやめようと思ったんです。なのでこれからもコンビニに行くのはやめようと思っています。これからもコンビニにかようのはやめて行こうと思っています。他にはお風呂の水をためるのをやめて必要な時だけシャワーをするという事に決めました。結局のところやっぱり出費は痛いので、極力削減していく方向で行こうと思っています。特にこれからの季節は暖房も必要なくなってくると思うのでそうしようと思います。


レシピを変化させて食費の節約を実現!

「節約をして、生活費をうかせて貯金をする」って、簡単なようで、とっても難しくありませんか?

専業主婦歴約20年の私も、今までありとあらゆる節約法を調べて、チャレンジしては、長続きせず挫折することを繰り返してきました。そんな私も、ここ数年は、節約の項目を食費に絞り、1ヶ月2万円の食費削減を達成しています。

家計簿を見直すとわかるのですが、生活する上で一番出費を占めているのが、食費なのです。そのうえ、一番出費を減らすことが可能なのも食費です。

以前は、友達とのランチの機会を減らしたり、家族でのお出かけを減らしたり、好きなものを買うのを我慢したり、私なりに色々頑張りました。でも、やっぱり息抜きがしたいんです!辛抱するのが苦手な私は、何かを減らしたり、我慢したりする節約方法が、どうしても続きません。

そこで、毎日の家庭での食事を見直しました。結構無駄にしている食品も多く、まずはその無駄をなくすように、買い物をするときに気を付けました。これは、我慢ではなく、無駄を省くということなので、苦ではありません。

それから、1つの料理で2日食べれたら、食費も浮くし家事も楽だよな~と思いつき、様々なレシピに、一工夫して食卓に出してみました。すると、家族の反応が良かったんです。

例えば、(カレーライス→チーズと半熟卵をのせて焼きカレー→カレーうどん)とか(おでん→おでんの残りを使って炊き込みご飯)とか(ポテトサラダ→ポテトサラダでコロッケ→コロッケとキャベツを挟んでコロッケパン)などなど、他にも色々なレシピを変化させて、食卓に出しました。

食べ飽きて捨てることもなくなり、少しアレンジすることで家族も喜んで食べてくれ、何よりも食費が減りました。

この節約方法は、減らして我慢してばかりの以前の方法と違い、新しいレシピが生み出せる楽しみがあり、辛抱のない私でもずっと続いています。

これからも、ちょっとしたアレンジでできるレシピを増やしていこうと思っています。