レシピを変化させて食費の節約を実現!

「節約をして、生活費をうかせて貯金をする」って、簡単なようで、とっても難しくありませんか?

専業主婦歴約20年の私も、今までありとあらゆる節約法を調べて、チャレンジしては、長続きせず挫折することを繰り返してきました。そんな私も、ここ数年は、節約の項目を食費に絞り、1ヶ月2万円の食費削減を達成しています。

家計簿を見直すとわかるのですが、生活する上で一番出費を占めているのが、食費なのです。そのうえ、一番出費を減らすことが可能なのも食費です。

以前は、友達とのランチの機会を減らしたり、家族でのお出かけを減らしたり、好きなものを買うのを我慢したり、私なりに色々頑張りました。でも、やっぱり息抜きがしたいんです!辛抱するのが苦手な私は、何かを減らしたり、我慢したりする節約方法が、どうしても続きません。

そこで、毎日の家庭での食事を見直しました。結構無駄にしている食品も多く、まずはその無駄をなくすように、買い物をするときに気を付けました。これは、我慢ではなく、無駄を省くということなので、苦ではありません。

それから、1つの料理で2日食べれたら、食費も浮くし家事も楽だよな~と思いつき、様々なレシピに、一工夫して食卓に出してみました。すると、家族の反応が良かったんです。

例えば、(カレーライス→チーズと半熟卵をのせて焼きカレー→カレーうどん)とか(おでん→おでんの残りを使って炊き込みご飯)とか(ポテトサラダ→ポテトサラダでコロッケ→コロッケとキャベツを挟んでコロッケパン)などなど、他にも色々なレシピを変化させて、食卓に出しました。

食べ飽きて捨てることもなくなり、少しアレンジすることで家族も喜んで食べてくれ、何よりも食費が減りました。

この節約方法は、減らして我慢してばかりの以前の方法と違い、新しいレシピが生み出せる楽しみがあり、辛抱のない私でもずっと続いています。

これからも、ちょっとしたアレンジでできるレシピを増やしていこうと思っています。


二人暮らし・食費2万円で節約

我が家は、主人と2人暮らしです。子どもができるまでに少しでも貯金をしたいと考えていますが、私も主人も独身時代からお金を貯めることがとても苦手で困っていました。

決まった額を口座に残したり、貯蓄用に別に口座を作ってそこに毎月決まった額を振り込むなど、いろいろな方法を試しましたが、ついついおろしてしまってなかなか貯まりませんでした。

そこで、ストレスなく、日々の生活で削れるところを削って残った額を貯金しようということに決めました。

家賃、光熱水費、通信費などの固定費は、なかなか削るのが難しいので、生活費をどうにかできないかと考え、

それまで1か月でざっくり3万円くらい使っていた食費を、きっちり2万円に決めて生活することにしました。

この2万円には、お米や調味料も含みます。

月初めに、お米や調味料などの大物を購入し、残った額で1か月をやりくりするかんじです。

1か月2万円で生活するために、いろいろな節約レシピを編み出しました。

とても使えた食材はひき肉です。炒め物にしたり、餃子のタネのようにまとめてまわりに刻んだキャベツを付けて蒸したキャベツ焼売にしたり、水切りした豆腐とあわせて豆腐ハンバーグにするのは、毎月お決まりのメニューになっています。

慣れてくると、レシピを考えるのも楽しく、最近では2万円と決めているけれど少し余って、そのぶん貯金にまわせるようになりました。

ストレスなくゲーム感覚で節約できるので、食費を制限するのはおすすめです。


節約しやすい食費について

食費は、お料理が苦手でなければ手軽に節約できる費用の1つだと思います。

外食をした月と家で食事を作った月の費用差が3万以上になったときがあります。

3万×12ヶ月=36万円

年間36万貯金できる計算になります。

エンゲル係数の高さは、貯蓄に大きくかかわります。

3年続ければ、100万貯金できます。

そこで自炊をするときにオススメなのが、食材をまとめて買うことです。

ジャガイモやたまねぎなど根菜で日保ちするものは、箱買いしています。(㎏単位)

これは本当にオススメです。

1個あたりの単価が非常に安く、たくさん買うことで消費しなければと思い、自炊の継続にも繋がります。

お肉もキロ単位で購入し、調味料に漬け込み冷凍ストックをしておきます。

こちらも単価が安くなるうえ、冷凍庫を開けて炒めるだけという手軽さから自炊維持と節約に繋がっています。

ちょっとしたことではありますが、まとめ買いでストックしておくということは自炊するうえで大切なのかなと思います。

他にもオススメストックとしてあげるならお米です。

ある程度のスーパーではお米10㎏までを置いているのですが、お米屋さんや大きいホームセンターなどで10㎏超を購入できます。

週末にお米も炊いておき、一膳ずつ冷凍しておくというサイクルにすると自炊が続きます。

節約するうえで、一度ご自身の家庭でかかる食費を見直してみるというのは大切かもしれません。

面倒くさがりな私でもまとめ買いのおかげで、自炊が無理なく続いています。

これからもまとめ買いしやすそうな食品を見つけて、貯蓄を頑張っていきたいと思っています。


今日は節約のために家にあるスパゲッティーを茹でて昼食にしました。

今月は食費を削減しようと思ってあまり買い物に行かないようにしています。そこで今日は家にあったパスタを昼食にしました。パスタには安かったベーコンとほうれん草を入れて美味しくしました。パスタは一キロで束で買って、少しずつ食べるようにしています。

結構これでもおなかがいっぱいになるので栄養面では心配ですが食費が浮きます。家族旦那さんと子供四歳と私だけの分なので一皿約百円くらいで済んでいるので結構食費が浮いています。そして今日の夕飯も、ご飯の残りを冷凍してあるのでそれを炒めて家にある残り物の食材を使ってチャーハンを作る予定でいます。

このようにして食材を有効活用して食費を抑えると結構毎月の食費が浮くことがわかりました。これからも節約をするためにも、毎日あまり贅沢をしないで食費が最低でも三万円以内に収まるように心がけたいと思ってます。今まで引っ越し前は安いスーパーを知らずに大手のスーパーで買っていたので今の倍以上の値段を毎日食費に使っていました。

これでは節約が出来ないなと思ったのでこれからは今使っているスーパーの安売りを利用してやって行きたいと思っています。まだ下の子が小さいのでスーパーのはしごは出来ませんが、今使っているスーパーをねらって安く買っていきたいと思います。


我が家の外食費節電技法

40代のアベック(子無し)だ。以前は外食をする際、生活の中から外食費として出していたのですが、外食は月によって回数や金額が異なり、多い時はよりいってしまっていたので、何とかして減らせないものヵと考えていました。

そこで考えたのが、「外食費を食費の中に持ち込む」という戦略でした。自宅では食費をウィークに10000円と決めてあり、お天道様器材と併せて10000円でやりくりするようにしていましたが、お天道様器材をいまいち買わなかったウィークなどはいくらか空間がありました。ですが、空間は空間でおやつなど無駄な出金にしてしまっていたので、余った場合は1000円単位でクラブし、大きくなったら外食費として扱うという素性にしたのです。

ここで大事なのは「1000円ごと」という近辺で、例えば600円~700円ほど残っていた場合は翌週の当たりから300円~400円を足して1000円にして貯めていったのです。これをすれば、翌週の食費は詳細9600円、9700円からの開業となりますが、その分コストダウンしようと思うので結果として賢く貯金できるようになりました。

今では、「次行きたい外食があって、今は〇千円貯まっているから、来週、再来週くらいには食べに行けるかも。」と先の計画を立ててコストダウンをすることが楽しくなっています。


冷凍庫を巧みに使って体もお得に。

節約と聞いてまず先に思い付くのは食費の節約ではないでしょうか。毎日の食事でありますから節約できるのであれば本当にありがたいと思います。

しかし例えスーパーで安く売っていたとしても、まとめて買ってしまえば早いうちに使ってしまわなければ悪くなってしまい、かえって損をしてしまいます。

そこで使っていただきたいのが冷凍庫なのです。

まあ冷凍なんて知ってるよと思われるかもしれませんが、結構色々なものを冷凍することができるので知っておいて損はないです。逆に冷凍することにより栄養かが上がったりするので、それを知れば使える現代の文明ですね。

例えばキノコ類などはまさに冷凍することにより栄養価が上がります。冷蔵では一週間が限界ですね。

そして葉物。白菜やホウレンソウなど、確かに冷凍してしまうと繊維が壊れてクタっとしてしまいますが、それを逆手にとって煮物には味が染み込みやすくなってありがたいのです。

根菜類も切ってからビニール袋に入れて冷凍しておけば問題はありません。肉類は一度冷水に潜らせてからラップに包んで冷凍しておくと旨味も逃げることがないので、嬉しい保存法となります。

売り出しのときにまとめて買えばお得になるので、保存法さえ知っていれば節約に繋がりますね。