貯蓄は貯蓄で増やす! らくらく投資の方法とは?

貯蓄は増やしたいけれど、あんめり切り詰めるのは楽しくない。そんなあなたにオススメするのが投資です。

投資といえば株を想像すると思います。
そして「下手をすれば大損してしまう」「始めるのに大金が必要」というイメージが強いのではないでしょうか。

株を始めるならばその通りです。
今では少額で買える株も多くなってきましたが、やはりほとんどの株は購入するのに何十万円か必要になります。

ここでオススメするのが投資信託です。
投資信託は、株式などの投資の運営をする人たちに資金を投資するものです。なんと1円からでも始められる投資信託もあります。

こちらも元本割れを起こして損をしてしまうこともあるのですが、少額ではじめればそうそう痛い目をみることはありません。
また、「安定型」と呼ばれる投資信託であれば、大きく損をすることはまずありません。

そして、今年からは国が主導する制度として「積立NISA」が始まります。
通常、投資で得た利益は20%が税金として国にとられてしまうのですが、この積立NISA制度をつかえば、税金を取られることなく、利益がまるまる自分のものとなります。

やりかたは簡単。証券会社(手数料の安いネット証券がオススメです)に積立NISA口座を作成して、購入したい投資信託を選び、月にいくら積み立てるか決めるだけです。
年間の積立合計が40万までという縛りはありますが、つきに3万円を積み立てても年間36円。

それに配当がプラスされるという計算です。
引き出しはいつでも自由なので、これを機会に投資を始めてみてはいかがでしょうか。


塵も積もれば山の貯金箱

ダディと私がやる学費貯蓄があります。
屑も積もれば山野と変わるでおそらくやるそれぞれもとてもいると思うのですが、うちの場合も大きな経験容器で頑張っています。
お配達をして残る小銭をその経験容器に混ぜるようにしているのですが、ダディも私もそれに入れています。
私はしかし、ダディのように100円まで閉じ込める余分がなくて100円以下のものを入れています。
正直主婦として一日に取り扱う惣菜などのチャージを計算しているので、100円という費用までは
入れれないというのが現実です。
それから子ども達は、使った費用の残りの小銭をそれほど1000円などに両替やるというのですが、
ダディが両替をしてあげて、その小銭も経験容器にする。
スーパーマーケットなどの配達に行って小銭が出来ないというのは絶対にありえないので、毎日のように経験をするのが習慣になっているのですが、
一番マメにやるのがダディのようです。
そしてそれを歳末に皆で数えるのがしきたりになっているのですが、かなりの金額になるので凄まじいものです。
その費用を二人の乳児の通帳に貯金していらっしゃる。
子ども達がお年で近々始めたタイプなので、ざっと10年齢以上になります。
計算したお金が中途半端になったらそれにたして調度良い金額にして貯金していますが、年々正に一心に頑張ったと励みになります。
こういうきっちり経験と小額である学費保険でキャンパスにいくのに苦しみがなさそうだ。


夢のための塵も積もれば山となる節約・貯蓄法

私の夢は韓国のソウルで暮らすことでした。

2年前から夢のために節約と貯蓄を意識的にがんばりました。

おかげで夢が叶い今はソウルで暮らしています。

節約・貯蓄のために地道なことをいろいろしてきました。

本職の他に月に数回、派遣のアルバイトに行きました。

いろんな仕事を経験でき、いろんな人とも出会えるので楽しくアルバイトができました。

他には家のものを整理する目的も兼ねてメルカリもはじめました。

私はKPOPが好きだったのでグッズを整理して出品していましたが意外と売れるので良い収入になりました。

売るだけではなくて、欲しいブランドでもなかなか買えなかったものをメルカリを通して購入することで節約にもなったと思います。

あとはいくつかのアンケートのサイトで地道にこつこつとポイントを貯めて現金にかえました。

かなり地道にはなりますが移動の電車などで塵も積もれば山となる精神でやっていました。

普段使っているTカードのポイントがたまるサイトやゲームでもこつこつ貯めていました。

調べてみるおおこづかいを貯めるようなサイトがいろいろありもっと前からしておけば良かったくらいです。

今はソウルにいるので記事を書いて少し収入にしています。


毎月の貯蓄は先取り貯金で徹底管理してます!

元々お金はあればあるだけ使ってしまうタイプだった私ですが、将来のため、子供のために貯蓄をしようと強く思うようになりました。そこで本格的に貯蓄を始めるために、貯金口座を開設しました。

それまでは、口座は一つしか持っていなかったので、支出も収入も全て一つの口座で管理していました。でもそれでは貯蓄という感覚が持てなかったので貯金口座を開設することにしたんです。

貯金口座を作ってから、お給料が入ったらまず貯金用に5万円引き出し、貯金口座に入金することを徹底しました。このお金は絶対に触らないようにし、ないものと考えます。今までは毎月残ったら貯金しようという考えだったので、先取り貯金をするようになってから貯まっていくスピードに驚いています。

先取り貯金することで、確実にお金を貯めることができるようになりました。お金が順調に貯まってくると、もっと貯めよう!という気持ちになり、先取り貯金以外に後取り貯金もするようになりました。

貯金口座は入金以外、一切手をつけないということをとにかく徹底しています。貯金意識が高くなりますし、貯金額が一目瞭然になるので、貯蓄を始めようと思ったらまず、貯金口座を作ることがお勧めです。あればあるだけ使っていた私が貯金できるようになりました!