ラテマネーの節約

毎日の少しずつ意識せずに使ってしまうお金はありませんか?そうした出費を毎日飲みやすいものになぞらえてラテマネーというそうです。コーヒーを飲まない人でも、ついで買いしてしまう経験はあると思います。なかなかお金がたまらない人は自分が毎日どのくらいのお金を使っているかチェックしたほうが良いかもしれません。

チェック方法はいたって簡単。買い物の時のレシートを取っておくだけです。最近はレシートを読み込んでデータ化してくれるアプリもありますからそれを使っても良いでしょう。見直してみると、あれ、こんなの買った?と思うような品々が出てくると思います。

それらの品物を買わずに節約するのが一番効果的ですが、あまりに節約して切り詰めるとストレスがたまりますよね。そこで、安く買う手段や代わりにできることなどを考えてみたらどうでしょう。例えば缶コーヒーなら自動販売機で購入するよりスーパーやドラッグストアのほうが安かったりしますよね。

お茶などでしたらマイボトルを使うと劇的に出費を抑えることができます。大事なのは単に切りつめようとするのではなく、ゲームのように楽しんで経費を節約することと無理をしないことです。効果が高くても苦痛を伴う方法は長続きしません。楽しくラテマネーを節約してみませんか。


一週間分の食材を買い足しに行って、やりくりをして節約を心がけました。

昨日は、主人と一緒にリュックサックを背負って、一週間分の食材を買いに行きました。ちょうど歩いてに十分くらいのところに安いスーパーがあるので、毎回そこに買い出しに行きます。ただ、ビニール袋に入れていくととても重たいので、それが嫌なので我が家ではザックを背負って買い足しに行っています。

その方が結構入りますし、それにとても軽いんですよね。やっぱりリュックサックはとても良いものだと思っています。それから、今週家にいても過ごせるような食材をトータルで約五千円くらい買ってきましたので、今週はなんとかもつかなと思っています。我が家ではこうやって毎週一週間分の食材を買い足していつも食費を浮かせています。

まとめて買う事で良い点は何度も行かなくて済むので時間の節約になりますし、結構まとめて買った方が冷蔵庫がスッキリしたりするから良いです。それから、毎日買うとなると余計なものを買いたくなるので、そうならないようにまとめて買うのが良いと思っています。

もし毎日の様に買い出しに行かれている方がいるのであれば、ぜひ一週間分のまとめ買いをしてみてはいかがでしょうか。とても良いことだと思っています。挑戦してみてください。


食べる前と後に美味しく無理なくできる節約術

献立を考えるのが面倒なときと、張り切ってあれこれ作りたくなるときってありませんか?

私はその波があります。

美味しいものが食べたいときは、レシピブックをサラッと読んで献立を考えます。

そうすると、食材が必ずいくつか被ってくるので、そこが狙い目です。

使う分だけを買わず、あえて大入りやお徳用を買うのがポイントです。

お料理はレシピ通りの分量でも良いですし、食べきれないときは少な目に作ったりします。

ここからが大事なのですが、少しでも余った食材は使いきらずに残すことです。

そうするとお野菜やお肉がちょっとずつ数種類もあれば、具だくさんのお味噌汁や炒飯が作れます。

残すことで1品作れるのです。

お肉は買ってきたら直ぐに献立分の量を分けて置きます。

そこでも余ったらまた別にストックしておけば、何かのお料理に使えます。

また、昆布や鰹節などお出汁をとった後に捨てるのは勿体ないので、水気を切ってストックしておきます。

昆布はお醤油漬けやひじきと煮物にしたり、他の料理に使えます。

鰹節はおにぎりの具材として混ぜて使ったりもできます。

張り切って作ったあとは適当な献立になりがちなので、そのときに大入りなどで買って残ってる食材達が活躍します。

あるもので献立を考え やりくりでき、次の買い物日まで持たせようと頑張れます。

小さいことですが、積み重ねると結構大きな節約ものに変わります。

献立も増えますし、色んな食品を摂れるので満足感もあります。


心が動いたものだけにお金を使うこと

最近はじめた節約というか貯蓄の方法は、買う前に自分の感情が動いたものしか極力買わないようにしています。

例えば、惰性で寄ってしまいがちなコンビニでなんとなくで買い物してませんか?

スーパーでもですけど、とりあえず買うをやめました。

お金って余程の高収入でなければ月々に使える額って限られますよね。

限りあるお金をなにに使うかは個人の自由ですけど、あれもこれもとは使えないですよね。

みなさんの収入はわかりませんが、私の収入には限りがあります。

やりたいこともたくさんありますし、好きなことをする為には我慢も必要だと思ってます。

限りある収入を無計画に消費していて、かつそれでも好きなことができるなんて無理じゃないですか。

私のこの方法では買い物しようと手に取ったときに、ちゃんとそれを買うことで気持ちが動いているのか否かです。

気持ちが動かなければ買わないようにすると、1つのことに気がつきます。

あっ、これは無駄遣いだって気付きます。

無駄遣いをしなければ、支出が抑えられて節約につながりますよね。

手に取ったものが自分にとってどれだけの影響をもたらしてくれるのか想像することが大切ですし、ちょっとしたことでも幸せになれるのでおすすめです。


今日は節約のために家にあるスパゲッティーを茹でて昼食にしました。

今月は食費を削減しようと思ってあまり買い物に行かないようにしています。そこで今日は家にあったパスタを昼食にしました。パスタには安かったベーコンとほうれん草を入れて美味しくしました。パスタは一キロで束で買って、少しずつ食べるようにしています。

結構これでもおなかがいっぱいになるので栄養面では心配ですが食費が浮きます。家族旦那さんと子供四歳と私だけの分なので一皿約百円くらいで済んでいるので結構食費が浮いています。そして今日の夕飯も、ご飯の残りを冷凍してあるのでそれを炒めて家にある残り物の食材を使ってチャーハンを作る予定でいます。

このようにして食材を有効活用して食費を抑えると結構毎月の食費が浮くことがわかりました。これからも節約をするためにも、毎日あまり贅沢をしないで食費が最低でも三万円以内に収まるように心がけたいと思ってます。今まで引っ越し前は安いスーパーを知らずに大手のスーパーで買っていたので今の倍以上の値段を毎日食費に使っていました。

これでは節約が出来ないなと思ったのでこれからは今使っているスーパーの安売りを利用してやって行きたいと思っています。まだ下の子が小さいのでスーパーのはしごは出来ませんが、今使っているスーパーをねらって安く買っていきたいと思います。


交通費の節約について

私は普段何気に利用している電車やバスでかかる交通費を節約しています。

例えば、消費税が8%となった2014年4月より、JRや私鉄の電車代では、ICカードでの乗車運賃と、切符での乗車運賃が異なる状況となっています。

距離によっては、ICカードよりも切符での運賃が高い場合がありますので、行く先々で、事前にインターネットのルート検索サービスを利用し、運賃を比較するようにしています。

ただこれよりもお得になる手段が2つあります。

まず1つ目は金券ションプを利用することです。

金券ショップで販売されている切符は、ICカード、および切符での運賃よりも安く販売されています。

特に、関西圏では金券ショップが町の至るところに存在していますので、活用することをお勧めします。

もう1つは各鉄道会社で販売されている1日乗車券といった、企画の乗車券です。

観光やビジネスで、大都市圏内を何度も乗車する場合には、1日乗車券を購入されることをお勧めします。

例えば、首都圏のJRでは、都区内パスや、東京23区内のJRの普通列車(快速含む)普通車自由席と、都内の地下鉄、日暮里・舎人ライナー、都電、都バスが乗り降り自由のきっぷである、東京フリーきっぷがあります。

また用途によって、東京メトロをメインに乗車する場合は、使用開始から24時間に限り、東京メトロ線全線が乗り降り自由な乗車券である、東京メトロ24時間券というものもあります。使用開始から24時間ですので、1泊の滞在で、利用開始時間次第では1日乗車券を2枚購入することなくお得に利用できます。


つい買っちゃった…を防ぐために心がけていること

節約にとって一番の大敵は「買うつもりじゃないのに、つい買っちゃった…」という無意識の買い物です。

皆さんも経験したことがあるのではないでしょうか?

この無意識の買い物をなるべく少なくするために私自身が心がけていることを書きたいと思います。

まず、買い物の日を決めてしまいます。家族の人数や冷蔵庫の大きさにもよりますが、週2~3で曜日を決めてしまいましょう。

ちなみに私は一人暮らしで、週に2回と決めております。

この週2~3回の買い物で、食事、お菓子、日用品等すべての買い物が済むようにし、それ以外の日はたとえコンビニであっても行くのを禁止してしまいます。

すると、決められた日しか買い物に行けないので、自然とその日買わないといけないものをリスト化した「買い物リスト」を作るようになります。

買い物リストを作ることで、買うべきものが明確化されますので、買い物をいったとき目的の売り場のみを見て回るようになります。

すると余計なもの(買う予定ではないもの)を見る機会が減りますので、自然と無意識の買い物を減らすことができます。

もしあなたが、「節約のために無駄な買い物を減らしたい」と考えているのであれば、週に買い物できる日を2~3日決めてしまうこと、そして決められた日数で必要な買い物ができるように、買い物の前には必ず「買い物リスト」を作ることをおすすめいたします。


節約してもおしゃれして綺麗でいたい!

主婦の方など、なかなかおしゃれや美容にお金はかけられないけれど、綺麗でいたいと思いますよね。

私がやっている、お金をかけないおしゃれや美容法を紹介します。

洋服は古着屋さんで買う!

古着というと、あまり綺麗じゃないイメージがあったり、若者向けしかないイメージがある方もいらっしゃると思います。

しかしそんなことは全然なく、状態も綺麗なトレンドの洋服が安い物で500円から2000円前後で買えちゃいます。

中には未使用の物が定価の半額以下なんてことも!

ショップとは違い、店員さんが声をかけてくることもないので、気軽に買い物できるのも魅力ですね。

カラーリングはなるべくしない!

髪のおしゃれに欠かせないものといえば、カラーリングですよね。

しかし、美容院でカラーすれば5000円から10000円前後、2,3か月に一回はリタッチが必要など、かなりの維持費がかかります。

私もずっとカラーしていましたが、傷むしお金はかかるので、伸びてきても目立たない暗いカラーにして、半年に一回くらいのペースにしました。

そしたら、お金はかからないし傷みもなくなって艶が出てきていい事づくめ!

現在、白髪が気になっていますが、トリートメントタイプのもので染めています。

もうカラーリングはこのまま卒業しようと思っています!

  


自家製で節約だ

私の縮減方法は、何と言っても手作りに限ります。

もちろん私の手間はかかりますけど、赤ん坊陣も手作りの物を喜んでくれるので一石二鳥です。

縮減のきっかけになったのは、長女のフードアレルギーだ。

今は昔と違って、候補望めるタイプもたくさんあるけど、どれも高額です。

バストと小麦と大豆がダメダメので、外食を終わる実態めた縮減になりますが、候補と繋がるアーモンドバストやライスバスト、米国粉などは多額んです。

なので、赤ん坊陣のオヤツや食べ物はすべて手作りで、総菜やレトルトは使いません。

こちらが縫い物や編み物が趣味なので、簡単なワンピースやセーターは手作り決める。

私の手間を抜けば、毛糸や布料金しかかからないし、好きな様に作って言える世界で一つしか弱いタイプだ。

その外の縮減だと一般的だとは思いますが、電気をコマメになくす実態や、家くずはグングン収れんして鞄料金を切り捨てます。

ドリンクもお湯で沸かすやつの、麦茶やルイボスティーだ。

お米国は一度炊いたら細分にして冷凍したり、野菜も色々なランキングを茹でて冷凍しておけば、直ぐに調理出来るから時間も縮減出来ます。

プロパンガスなので、節約しないとやにわに高額になるので、煮込み夕食には圧力鍋が大奮戦だ。


太陽道具で水準が落とせるものを見いだす項目

削減を努め始めてから、困ったのはうちでは削減の対象にするのがあたりまえと仰る食費について、節約したくないことでした。夫婦ともに、外食で働いていたのもあり食に対する関心やセンスは強くて、試してみたい原材料や初々しい香味料は我慢するのはストレスとなると思ったのです。
なので、食費については削減はせずに、他で考えてみたのですが、貰うもので平均を落として対価が安くても良いと見える物は、比較的ありました。
まずは、夫婦ともに必ずしも気にしてないのが、歯ブラシや歯磨き粉などの商標でした。
一番安いのでも、大いに気にならないので取り敢えず安いものを買うようにしました。
また、洗剤や上半身ソープについてもほとんど素肌が軽くも薄い私達は、どれでも困らないのでその時の売り出しのタイプにする事に決めました。
一時期は決めて使い続けていたおコスメティックも、そこまでこだわってなかったので一際安く支払えるものに変えました。
自分達が譲れない一生平均としては、料理とアパートぐらいのもので、ファッションもトレンドを意識して毎時節堅持なんてしませんから、安上がりな所帯だ。
良く知られた大手の商品にこだわらずに、対価重視で選ぶ事を意識すると、思った以上に妥協とれるものは多かったです。
痛手のたまらない平均下げなので、全く難しくないし自分のこだわっていない、下げられる平均はこれからも下げても良いと思えます。