自炊最高!

私が特に行なっている節約方法とはやはり自炊が1番良い方法だと考えています。

なぜかというと、自炊は家事のスキルが上がっていくからです。

例えばまず材料の調達をする際は材料の値段や質またはどんなものが売られているのかなどを日を追うごとに見極めることが可能になっていきます。

お金の節約方法も前もって分かっていれば本当に必要な材料の分だけ買えば良いので買い物の仕方も決してバカには出来ません。

それに買い物だけでなく当然のことながら料理のスキルも身につけることが出来ます。

単純に炒め料理や焼き料理といった比較的簡単な調理方法だとただただフライパンの上でやるというだけでなく綺麗に仕上げるためには何をすれば良いのかまたはどのくらいの火力でやれば良いのかさらには材料によっては先に炒めたり焼いたりした方が良いものなのかどうかといったようにしっかりと頭を使って考えることができるので料理と同時にボケ防止にもつながります。

このように自炊と一口いっただけでもちゃんと節約のためにしようと心がければお金が貯まるだけでなく家事の基盤が身につけられるので確実にオススメしたい節約方法です。

私もこれからもずっと続けていきたいです。


家事はまとめてやることで節約!冬も着る毛布で暖房代はほとんどかけない!

私は、下水道の料金をたくさん節約したいと考えていて家事は全て朝に済ませるようにしています。まず、朝ご飯を食べて皿を洗います。皿を拭いた布巾などは全て洗濯機に入れてしまいます。その後、朝に入浴をします。そして下着や洋服パジャマなどは全て洗濯機に入れてしまいます。コンロを磨くのも朝に行います。そうすることにより、コンロの水気を拭いた布巾を朝洗うことができます。そのように、なるべく洗濯は朝、まとめてするようにしています。

そして、冬は着る毛布を使って暖房代をほとんど掛けていません。ユニクロで買うヒートテックよりも安価で耐久性に優れているものがアマゾンで購入できるので、下着は温かい保温性の高いものにして、そして、着る毛布を着ることにより、毎年冬は暖房をほとんど使っていません。着る毛布にはポケットもありますので、手足が冷えたらポケットに手を入れて温めることもでき、おすすめです。

夜や明け方は冷え込みますが、着る毛布が1つあれば体中がぽかぽかして、一切暖房は必要ありません。以前はオイルヒーターを使っていて電気代がばかにならなかったため、このようにヒートテックと毛布をあわせた温かい洋服をそろえて本当に良かったと思っています。