コストコではマストバイ、ロティサリーチキン

コストコの食品エリアでの人気者、ロティサリーチキン。チキンを丸ごとロティサリーで焼いている、豪快な料理です。テーブルに出すと映えるので、ダイニングテーブルに一度はシルバーの大皿に飾って出したら家族も盛り上がりますが、現実的には切り分けて取り分けてあげたほうがいいので、すぐキッチンで解体しましょう。

ポイントは

・骨のついている手羽などはガブリと気分があがっている時の方が食べやすいのですぐに出す

・肉が豊富についているエリアは現実的に食べれそうな量だけのみを今日は出す

今日食べないなという精肉は、テーブルにださずに使いやすそうな部位にわけて、ジップロックやタッパーに入れると良いでしょう。

翌日以降、サラダに載せたり。チャーハンの具にしたり、炊き込みご飯にしたりすると、肉が消費しやすくなります。

また、今日食べ終わった骨の残骸は、スープをとると良いです。

細かく切った野菜と一緒に炊き、トマト缶を入れるとミネストローネ風スープになりますし、それでも消費しきれなかった場合にはカレーにすると良いでしょう。

おいしいチキンストックがとてもはえます。

800円未満のチキンですが、それ以上の働きをしてくれるので、節約メニューに最適です。