大食いの私が我慢せずに行う食費節約術

私は元々大食いであるために、本能のままに食べてしまうと作り置きしたはずの料理を食べ尽くしてしまい、食費が高くなってしまいます。

外食に行くとつい財布の紐も緩くなってしまうため、極力控えるようにしているんですが、自炊の中でも意識していることがあります。

それは安くてお腹に溜まりやすい食材を多く取り入れることです。

一時期「食べる順番ダイエット」というのが流行りましたが、それは少量の料理でも満足感が得られるため続けやすい、というメリットがあります。

それに則って千切りのキャベツを沢山食べるようにしました。

食物繊維が豊富な分、お腹の中で膨らむので、食べ過ぎ防止に活躍しています。

その上、今はカット野菜で手軽にキャベツの千切りを手に入れることができるので、包丁やまな板を洗う手間や水道代も浮き、手間もかからないので、一人暮らしにはもってこいです。

また、温かいスープなどを取り入れると、お腹に溜まる上に体も温まるので、暖房費も節約できる、という相乗効果もありました。

食事の満足感もあるため、食後のお菓子に手を伸ばすことも少なくなり、結果節約に繋がっています。

また、じゃがいももお腹に溜まる食材ですが、たまにスーパーに行くと詰め放題を開催していることもあるので、そういった時を狙って買いだめして、食費を浮かせるようにしています。


かさ増し料理で、節約ができるように

私は最近、節約のために、食費を減らせるようにと考えています。

私の家族は、とてもよく食べます。

二人分くらい食べるので、食費がかなりかかってしまいます。

さらに、お肉が大好きで、毎日お肉を食べれないと、文句を言われます。

ですが、お肉はやはり高いので、いつもワンパターンに安いお肉の胸肉ばかりになってしまいます。

ワンパターンすぎて、作る自分が嫌になってきたので、違うものを作れるようにと考えました。

そこで、考えたのが、ぱっと見た感じはボリュームがあるように思われる、「かさ増し」料理です。

お腹いっぱいにもなりますし、家計にも優しくていいと思います。

今、一つ作ろうと思っているのは、豆腐を豚肉で巻くという料理です。

ぱっと見た感じは、豚肉の塊ですが、中身は豆腐と言うものです。

一度作って食べてみたところ、なかなかおいしかったので、もう一度作ってみたいと思っています。

そのほかにも、豚肉を何かに巻くというのは、かさ増し料理としていろいろとネット上で載っているので、いろいろなバリエーションで楽しめればいいなと思っています。

楽しみながら、安い食材で、お腹いっぱいになれるように、がんばらなといけないなと思っています。