レシピを変化させて食費の節約を実現!

「節約をして、生活費をうかせて貯金をする」って、簡単なようで、とっても難しくありませんか?

専業主婦歴約20年の私も、今までありとあらゆる節約法を調べて、チャレンジしては、長続きせず挫折することを繰り返してきました。そんな私も、ここ数年は、節約の項目を食費に絞り、1ヶ月2万円の食費削減を達成しています。

家計簿を見直すとわかるのですが、生活する上で一番出費を占めているのが、食費なのです。そのうえ、一番出費を減らすことが可能なのも食費です。

以前は、友達とのランチの機会を減らしたり、家族でのお出かけを減らしたり、好きなものを買うのを我慢したり、私なりに色々頑張りました。でも、やっぱり息抜きがしたいんです!辛抱するのが苦手な私は、何かを減らしたり、我慢したりする節約方法が、どうしても続きません。

そこで、毎日の家庭での食事を見直しました。結構無駄にしている食品も多く、まずはその無駄をなくすように、買い物をするときに気を付けました。これは、我慢ではなく、無駄を省くということなので、苦ではありません。

それから、1つの料理で2日食べれたら、食費も浮くし家事も楽だよな~と思いつき、様々なレシピに、一工夫して食卓に出してみました。すると、家族の反応が良かったんです。

例えば、(カレーライス→チーズと半熟卵をのせて焼きカレー→カレーうどん)とか(おでん→おでんの残りを使って炊き込みご飯)とか(ポテトサラダ→ポテトサラダでコロッケ→コロッケとキャベツを挟んでコロッケパン)などなど、他にも色々なレシピを変化させて、食卓に出しました。

食べ飽きて捨てることもなくなり、少しアレンジすることで家族も喜んで食べてくれ、何よりも食費が減りました。

この節約方法は、減らして我慢してばかりの以前の方法と違い、新しいレシピが生み出せる楽しみがあり、辛抱のない私でもずっと続いています。

これからも、ちょっとしたアレンジでできるレシピを増やしていこうと思っています。


2児ママの節約術

私の節約術。

1つ目は買い物は1週間に1回に抑えること!

1週間分の献立をザザッと考えているものだけを買うようにしてます!!子供が小さいためお菓子など予定になかったものを買うことはあるけれどそれは許してます!!

1つの材料で出来るだけ多くのおかずをつくるといいですよ!

例えば大量に入っているひき肉を買ったらハンバーグ、三色丼、1つの材料で2つもおかずができちゃいますよね!

野菜も出来るだけ食べてもらうようにしてます!肉を書くより野菜の方が私の住んでるところは安いので野菜は必ずと言っていいほど使ってますよ!体にもいいですしね!

2つ目は洗剤などは薬局で!しかもポイントが倍のときに!

薬局に行くと一通りの洗剤揃えてたら結構なお金いっちゃいますからこれはポイントが倍のときにいってポイントを貯めます!そしたら500円引く券が発行されたりするしなんといってもポイントを貯めるのがはやくなります!女の子だといろいろそれあるものあるし化粧品からなにからなにまで大変ですもんね!!

だからポイントが倍の日に買いましょう!

3つ目は車などのガソリンもポイントが付くところで!

私の場合ポイントが1番なので車のガソリンもポイントが大事!もちろん安い日に入れるのも1つの考えようですね!

主に私はこの3つで節約してます!

参考になればいいです!


小さいことから少しずつで貯めてみせる

節約をするのにはまずは、ものに左右されない生き方が大事だと思っています。いくら食費を節約しても、物をどんどん購入していてはダメだ!まずは身の回りを綺麗にして物に左右されない生き方を目指すことにしました。物を買うときは本当に必要なもので長く使えるのかなどを考えて購入するようにしています。そこですぐにできるものもあるので是非とも実践してください。

①食料品は極力まとめて決めたスーパー、ドラッグストアで購入すること。

なにもなくやっぱり外出したらお金が飛んでいくもの。買うなら場所を決めてポイントを貯めるのがコツ。また

安いからと言っていろいろなところで買い物するのはガソリン代の節約にもなります。

②予算を決めてその金額だけ財布にいれる

やっぱり財布にはいっているとついつい使ってしまうもの。食費は月にこれだけならと思う金額を決めてそのなかなら豪華な食品を使う。

③いらないものは旅立たせる

使わないものがあったって散らかるだけです。いらなくなったこども服や2年着なかった服は今後も着ないと思います。古着屋さん、リサイクルショップ、ネットなどを上手に活用しましょう。

身近なところから節約や貯蓄はできると思っています。塵も積もれば山となるです。


二人暮らし・食費2万円で節約

我が家は、主人と2人暮らしです。子どもができるまでに少しでも貯金をしたいと考えていますが、私も主人も独身時代からお金を貯めることがとても苦手で困っていました。

決まった額を口座に残したり、貯蓄用に別に口座を作ってそこに毎月決まった額を振り込むなど、いろいろな方法を試しましたが、ついついおろしてしまってなかなか貯まりませんでした。

そこで、ストレスなく、日々の生活で削れるところを削って残った額を貯金しようということに決めました。

家賃、光熱水費、通信費などの固定費は、なかなか削るのが難しいので、生活費をどうにかできないかと考え、

それまで1か月でざっくり3万円くらい使っていた食費を、きっちり2万円に決めて生活することにしました。

この2万円には、お米や調味料も含みます。

月初めに、お米や調味料などの大物を購入し、残った額で1か月をやりくりするかんじです。

1か月2万円で生活するために、いろいろな節約レシピを編み出しました。

とても使えた食材はひき肉です。炒め物にしたり、餃子のタネのようにまとめてまわりに刻んだキャベツを付けて蒸したキャベツ焼売にしたり、水切りした豆腐とあわせて豆腐ハンバーグにするのは、毎月お決まりのメニューになっています。

慣れてくると、レシピを考えるのも楽しく、最近では2万円と決めているけれど少し余って、そのぶん貯金にまわせるようになりました。

ストレスなくゲーム感覚で節約できるので、食費を制限するのはおすすめです。


コストコではマストバイ、ロティサリーチキン

コストコの食品エリアでの人気者、ロティサリーチキン。チキンを丸ごとロティサリーで焼いている、豪快な料理です。テーブルに出すと映えるので、ダイニングテーブルに一度はシルバーの大皿に飾って出したら家族も盛り上がりますが、現実的には切り分けて取り分けてあげたほうがいいので、すぐキッチンで解体しましょう。

ポイントは

・骨のついている手羽などはガブリと気分があがっている時の方が食べやすいのですぐに出す

・肉が豊富についているエリアは現実的に食べれそうな量だけのみを今日は出す

今日食べないなという精肉は、テーブルにださずに使いやすそうな部位にわけて、ジップロックやタッパーに入れると良いでしょう。

翌日以降、サラダに載せたり。チャーハンの具にしたり、炊き込みご飯にしたりすると、肉が消費しやすくなります。

また、今日食べ終わった骨の残骸は、スープをとると良いです。

細かく切った野菜と一緒に炊き、トマト缶を入れるとミネストローネ風スープになりますし、それでも消費しきれなかった場合にはカレーにすると良いでしょう。

おいしいチキンストックがとてもはえます。

800円未満のチキンですが、それ以上の働きをしてくれるので、節約メニューに最適です。