節約しやすい食費について

食費は、お料理が苦手でなければ手軽に節約できる費用の1つだと思います。

外食をした月と家で食事を作った月の費用差が3万以上になったときがあります。

3万×12ヶ月=36万円

年間36万貯金できる計算になります。

エンゲル係数の高さは、貯蓄に大きくかかわります。

3年続ければ、100万貯金できます。

そこで自炊をするときにオススメなのが、食材をまとめて買うことです。

ジャガイモやたまねぎなど根菜で日保ちするものは、箱買いしています。(㎏単位)

これは本当にオススメです。

1個あたりの単価が非常に安く、たくさん買うことで消費しなければと思い、自炊の継続にも繋がります。

お肉もキロ単位で購入し、調味料に漬け込み冷凍ストックをしておきます。

こちらも単価が安くなるうえ、冷凍庫を開けて炒めるだけという手軽さから自炊維持と節約に繋がっています。

ちょっとしたことではありますが、まとめ買いでストックしておくということは自炊するうえで大切なのかなと思います。

他にもオススメストックとしてあげるならお米です。

ある程度のスーパーではお米10㎏までを置いているのですが、お米屋さんや大きいホームセンターなどで10㎏超を購入できます。

週末にお米も炊いておき、一膳ずつ冷凍しておくというサイクルにすると自炊が続きます。

節約するうえで、一度ご自身の家庭でかかる食費を見直してみるというのは大切かもしれません。

面倒くさがりな私でもまとめ買いのおかげで、自炊が無理なく続いています。

これからもまとめ買いしやすそうな食品を見つけて、貯蓄を頑張っていきたいと思っています。


貯金のためにいつも言っているコンビニに行くのをやめました。

今日は、いつも子供の幼稚園の帰りに子供が言う事を聞いてくれたら何かを買って帰っていたのですが、その習慣をやめました。なぜなら、コンビニによると必ず何か必要でないものまでも買ってしまうと思ったからです。今月は出費が痛くて特に家族中でインフルエンザにかかってしまったために、その時の食事代や送迎代が高くついています。

なので、今月だけでも毎日通うのはやめようと思ってコンビニに立ち寄るのをやめました。コンビニは何でもそろっているので近くにあるとどうしても入ってしまうんですよね。でも今日は財布を家に置いて外出をして、絶対に買わないようにしました。この財布を置いて外出をするという事はとても良いことだなと今日感じたのですが、財布がないと買うお金もないので買いたくても変えない状況が出来てしまいます。

なので何もしなくても何も出ていかないという出費が抑えられるという方法になりますからどうしても毎日のようにお金を使ってしまうという方にはおススメしたい方法だと感じました。私は今秋からこの手を使ってなるべくお金を使わないようにして乗り切っていこうと思いました。

今月はピンチなのでせめて今月だけでも続けられたらいいなと思っています。その衝動で来月また買ってしまうかもしれませんが。


もやしの常備野菜でガス代節約が可能

1ヶ月の食費をどうにかして節約したいと言う人にオススメなのがもやしレシピです。

もやしレシピなんて限られてると思う人がたくさんいると思いますがもやしレシピはたくさんあり、またカサ増しにも使えるので万能な野菜です。

私はもやし二袋分をナムルにして常備菜として作り置きをして置きます。

ナムルはもやしを下茹でし味付けはご家庭にもよりますが、通常より少し濃いめに作っておくと色んなものに使えるので使いやすいです。

もやしだけではなく私は一緒にニンジンももやしに混ぜてナムルにします。

ナムルは定番ですがビビンバにまず使うことが出来ますが、その他にも私は中華スープの具材として入れます。

ごま油が入っているので味付けも鶏ガラスープを入れるだけなのでマグカップだけで作ることが出来ます。

マグカップにナムルと鶏ガラスープ小さじ1とお湯を入れるだけで火も使わないのでガス代節約も出来ます。

あとはカサ増しとしてナムルを焼いたお肉に混ぜるのが私の家では好評です。

お肉は塩胡椒だけで焼いていただきナムルを混ぜて、醤油を少しかけて完成です。

何もしないもやしをただお肉と炒めるのとは味が全然違いご飯に合う濃い味ですし、やはり炒める時間が短くできるのでガス代節約が出来ます。

もやしは意外と火が通るまで時間がかかるので事前多めに茹でておくだけでガス代の節約が可能になります。


ずぼらさんにおすすめ!1週間1万円生活!

3歳と0歳の姉妹を育児中の主婦です。

長女の出産を機に仕事をやめてから「節約してお金貯めなきゃ…」と漠然と思っていましたが、なんといってもズボラな性格の私。

家計簿をつけようと思っても、3日で挫折…。(紙のものとか、レシートを写真に撮るものとか、色々試しましたよ。)

そんなときネットで見つけたのが、この「1週間1万円生活。」

やり方は簡単で、週の最初に1万円財布に入れ、スーパーの買い物、ドラッグストアの買い物、病院等その一週間で使うお金はぜーんぶこの財布から出します。

そして土日は、家族で外食したりレジャーに行ったりするために、5千円を財布に追加。

たったこれだけです。

最初のうちは、苦労しました。

本当はこのレシピにこれがいるって書いてあるから、買いたい…。でも安売りしていないから高くて買えない…と苦しい思いをすることも。

でも、ないならないなりに、工夫出来ていくものです。

この食材を、あの食材に変えてみよう、これでも代用できるかな?と考えてやってみたら、食材のロスもほぼなくなりました。

水道や光熱費や通信費(もちろん格安スマホにはしてますよ!)なんかは、努力しても簡単には減らせないもの。

手っ取り早く節約するには、”物を買わない”あるものでやりくりする”のが1番です。

1週間1万円(+レジャー5000円)生活、だまされたと思って一回やってみませんか?


節水には風呂の残り湯を最大限に利用

水道料金が高い地域に住んでいるので、とにかくどうやって節水して行くかいつも考えています。

まず、食後の洗い物は、できるだけ蛇口から出る水の量を少なくすることです。

少なくするには蛇口からでる水を細くすればいいことです。

それだけではなく、蛇口の下にタワー状に洗い物を配置しておくこともポイントになります。タワー状に置いておくことで、その上で、茶わんなどをすすぎ洗いした水が、次にすすぐものにかかって、洗剤がある程度流されて、すすぎを早く終わらせることができます。

風呂の残り湯は必ず再利用します。

当然、洗う場合はちろんですが、すすぎにも利用します。2回すすぐ場合は、1回目のすすぎに利用します。

また、トイレを流す際にも利用します。

バケツに風呂の残り湯を汲んでおいて、トイレを流す時に、タンクのうえから入れてやればいいのです。やってみるとわかるのですが、我が家のトイレは節水タイプではないので、バケツ一杯の水を入れても、タンクは満タンにはなりません。

また、タンクに入れずにバケツで直接便器に入れてもいいです。その場合はバケツ一杯だと水流が不足して全部流れないかもしれませんので、二杯入れればいいでしょう。

庭で花やハーブを育てていますので、水やりには風呂の残り湯を利用します。バケツに汲んで庭まで運びます。手間がかかりますが、運動と思ってやっています。


ラテマネーの節約

毎日の少しずつ意識せずに使ってしまうお金はありませんか?そうした出費を毎日飲みやすいものになぞらえてラテマネーというそうです。コーヒーを飲まない人でも、ついで買いしてしまう経験はあると思います。なかなかお金がたまらない人は自分が毎日どのくらいのお金を使っているかチェックしたほうが良いかもしれません。

チェック方法はいたって簡単。買い物の時のレシートを取っておくだけです。最近はレシートを読み込んでデータ化してくれるアプリもありますからそれを使っても良いでしょう。見直してみると、あれ、こんなの買った?と思うような品々が出てくると思います。

それらの品物を買わずに節約するのが一番効果的ですが、あまりに節約して切り詰めるとストレスがたまりますよね。そこで、安く買う手段や代わりにできることなどを考えてみたらどうでしょう。例えば缶コーヒーなら自動販売機で購入するよりスーパーやドラッグストアのほうが安かったりしますよね。

お茶などでしたらマイボトルを使うと劇的に出費を抑えることができます。大事なのは単に切りつめようとするのではなく、ゲームのように楽しんで経費を節約することと無理をしないことです。効果が高くても苦痛を伴う方法は長続きしません。楽しくラテマネーを節約してみませんか。


一週間分の食材を買い足しに行って、やりくりをして節約を心がけました。

昨日は、主人と一緒にリュックサックを背負って、一週間分の食材を買いに行きました。ちょうど歩いてに十分くらいのところに安いスーパーがあるので、毎回そこに買い出しに行きます。ただ、ビニール袋に入れていくととても重たいので、それが嫌なので我が家ではザックを背負って買い足しに行っています。

その方が結構入りますし、それにとても軽いんですよね。やっぱりリュックサックはとても良いものだと思っています。それから、今週家にいても過ごせるような食材をトータルで約五千円くらい買ってきましたので、今週はなんとかもつかなと思っています。我が家ではこうやって毎週一週間分の食材を買い足していつも食費を浮かせています。

まとめて買う事で良い点は何度も行かなくて済むので時間の節約になりますし、結構まとめて買った方が冷蔵庫がスッキリしたりするから良いです。それから、毎日買うとなると余計なものを買いたくなるので、そうならないようにまとめて買うのが良いと思っています。

もし毎日の様に買い出しに行かれている方がいるのであれば、ぜひ一週間分のまとめ買いをしてみてはいかがでしょうか。とても良いことだと思っています。挑戦してみてください。


食べる前と後に美味しく無理なくできる節約術

献立を考えるのが面倒なときと、張り切ってあれこれ作りたくなるときってありませんか?

私はその波があります。

美味しいものが食べたいときは、レシピブックをサラッと読んで献立を考えます。

そうすると、食材が必ずいくつか被ってくるので、そこが狙い目です。

使う分だけを買わず、あえて大入りやお徳用を買うのがポイントです。

お料理はレシピ通りの分量でも良いですし、食べきれないときは少な目に作ったりします。

ここからが大事なのですが、少しでも余った食材は使いきらずに残すことです。

そうするとお野菜やお肉がちょっとずつ数種類もあれば、具だくさんのお味噌汁や炒飯が作れます。

残すことで1品作れるのです。

お肉は買ってきたら直ぐに献立分の量を分けて置きます。

そこでも余ったらまた別にストックしておけば、何かのお料理に使えます。

また、昆布や鰹節などお出汁をとった後に捨てるのは勿体ないので、水気を切ってストックしておきます。

昆布はお醤油漬けやひじきと煮物にしたり、他の料理に使えます。

鰹節はおにぎりの具材として混ぜて使ったりもできます。

張り切って作ったあとは適当な献立になりがちなので、そのときに大入りなどで買って残ってる食材達が活躍します。

あるもので献立を考え やりくりでき、次の買い物日まで持たせようと頑張れます。

小さいことですが、積み重ねると結構大きな節約ものに変わります。

献立も増えますし、色んな食品を摂れるので満足感もあります。