太陽道具で水準が落とせるものを見いだす項目

削減を努め始めてから、困ったのはうちでは削減の対象にするのがあたりまえと仰る食費について、節約したくないことでした。夫婦ともに、外食で働いていたのもあり食に対する関心やセンスは強くて、試してみたい原材料や初々しい香味料は我慢するのはストレスとなると思ったのです。
なので、食費については削減はせずに、他で考えてみたのですが、貰うもので平均を落として対価が安くても良いと見える物は、比較的ありました。
まずは、夫婦ともに必ずしも気にしてないのが、歯ブラシや歯磨き粉などの商標でした。
一番安いのでも、大いに気にならないので取り敢えず安いものを買うようにしました。
また、洗剤や上半身ソープについてもほとんど素肌が軽くも薄い私達は、どれでも困らないのでその時の売り出しのタイプにする事に決めました。
一時期は決めて使い続けていたおコスメティックも、そこまでこだわってなかったので一際安く支払えるものに変えました。
自分達が譲れない一生平均としては、料理とアパートぐらいのもので、ファッションもトレンドを意識して毎時節堅持なんてしませんから、安上がりな所帯だ。
良く知られた大手の商品にこだわらずに、対価重視で選ぶ事を意識すると、思った以上に妥協とれるものは多かったです。
痛手のたまらない平均下げなので、全く難しくないし自分のこだわっていない、下げられる平均はこれからも下げても良いと思えます。


私が実践している節約&貯蓄の体験話

心がけている私自身の節約は、食費や日用品の購入の仕方です。

普段から買い物へ行かれるお店が、メルマガやライン等で登録可能でしたら必ず登録しています。

そうすると通常時の日にち以外の日で5%引きや特売品の情報や広告の確認が出来ますので安く買う事が可能になります。

食費は、毎日の事ですからいかに安く新鮮な物を購入するかが、ポイントだと思います。

お仕事をされていて時間が取れないという方も多いと思いますが、お肉や魚や野菜などは、ひと手間加えて(例えば煮物用にカットしておく等)買い物した食材をそのまま冷蔵庫に入れておくより、冷凍する事で腐らせて捨てる事も減ります。

更にひと手間加えている事で調理する時間が、短縮されるので時間を有効に使う事にも繋がります。

日用品は消耗品なので、金銭的に余裕がある場合と収納場所がある場合は、ストック分も含めて購入する事をお勧めします。

ここで気を付けなければいけないのは、広告の品と最安値(底値)を知っているかどうかです。

広告の品でも、高い時は高いのでその時は、最低必要な分だけ購入されないと節約に繋がりません。

現実、底値チェックや家計簿をつけるのは、とても大変だと思います。

普段、購入されるものだけでも携帯のアプリを利用されてもいいですし、メモ帳などでもいいので商品名と底値を入力させておくと便利です。

安く購入出来た差額分を単純に貯金箱に入れれば貯蓄に繋がります。

実際は、なかなか難しい事なので私は、365貯金を実践しています。

1年間365日を1円から365円までと考えて貯金箱に1日1回だけその日に好きな金額を入れます。

1年間それを実践すると合計で6万6千795円貯まります。

500円貯金箱なども売られていますが、毎日500円は厳しいかと思います。

節約も貯蓄も無理なくできれば楽しみながら出来るのが長く続けられる事だと思われます。


何でも揃う100円均一を活用して節約をする

私は数ヶ月前にインターネットのネットショッピングで、クレジットカードを使って買い物をしすぎてしまって、人生で最大の借金を作ってしまいました。
なので今は毎日節約生活を送っています。私は日用品を買う時はよく100円均一を利用しています。

今の100円均一には色々な商品が売っているので、欲しいものが必ず手に入るような気がします。
私がよく100円均一で買う日用品は、固形の石鹸やクエン酸や酸素系漂白剤や重曹、デオドラントシートやさらさらパウダーシートや靴の下敷き、それからコップやグラスやお皿の食器類です。
固形の石鹸は80グラムくらいの普通のサイズの固形石鹸が3個入って100円で売っているので、安くて良いなと思ってたまに買っています。
そしてクエン酸も他のお店で売っているものよりも、値段が半分くらい安いのでお買い得です。

それから100円均一には高級そうな木のまな板やナイフや包丁などのキッチン用品や、女性用のスポーツブラジャーやショーツや靴下やストッキングや男性用のトランクスやTシャツや靴下やワイシャツなどの衣料品も売っているので、100円均一様々だなと思っています。
日用品を節約するには、何でも揃う100円均一を活用とすると良いと思います。


安いものは安いなりだからお金が貯まらない

お金を貯めたくて安いものばかりに目が行っていた頃、家の中にあるもの全て安いものばかりでした。これはお金を将来のために少しでも多く残したいからであり、目的も無く安い物を探し回っていたのではありません。

子供の将来の夢を応援するには努力してお金を残すことしかないと思っていました。冷静になって考えれば人にお勧めできることではないし、安いものをかき集めて得したとも言えません。反対に安いものばかり買い集めて損したんじゃないかとさえ感じています。

「安いものは安いなり」「安物買いの銭失い」こういう言葉があります。安いものは安いなりだと言うことは分かっていたけれど、安いものでも大事に使えば長持ちすると安い服を大事に手入れして着たり安い家電を大切に大切に使っていました。安い服でも家電でも大事に使えば長持ちするし結局は得だと思い込もうとしていたのです。

でもその手入れなどに使う時間がもったいなかった・・・。服はすぐに毛玉ができるから毛玉取り器で手入れしなくてはならなかったし、家電は安いものは不便。良いものにはそれだけの理由があって値段がつけられていると分かってから良いものを買っていますがお金が残るようになりましたよ。


お小遣いサイトを賢く使って美容費を節約!

貯蓄をするには収入を増やすこと以上に支出を抑えることが大事ですよね。
みなさんは毎月どのくらい美容費を使っていますか?結構かかっているのでは?
そう、いくら節約するといっても女性ならスキンケアやメイクまで無理にがまんしたくないですよね。

私はお小遣いサイトを上手に使って美容費を節約しています。
節約というと今までよりもランクを落として安いものを買うネガティブなイメージがありますが、お小遣いサイトを利用すればよいものをお得に買うことができます。
例えば初回限定半額ならわざわざお小遣いサイトを経由しなくても利用できますが、お小遣いサイトを経由すれば100%還元もしくはそれ以上の還元が得られるものがあるということです。
このメリットを最大限に活用するには、
1.複数のお小遣いサイトを比較すること
2.同じサイトでも曜日やキャンペーン時期によって還元率が大きく異なるのでタイミングをうまく掴みとること
3.初回購入後にその化粧品の公式サイトやメルマガをチェックすることです。

初回限定価格だけが目的で購入した場合、③についてはチェックせずにスルーしてる人が多いかもしれません。
けれど公式サイトを覗くと他の製品の複数お試しが半額で(しかもフルサイズ)利用できたり、メルマガをチェックすると売り出し時期には特別キャンペーン価格や1000円引きクーポンなどが届いたり、お得な情報がいっぱいです。

気に入ればそのままずっと定期購入価格で使い続けるのもいいでしょうし、新製品の効能に期待して他の製品を色々気軽に試してもいいと思います。

たったこれだけで年間数万~10数万円節約できます。