100円ショップと紙皿そしてラップで節約

これは独身でないとおそらく難しい節約法かと思われますが、私の友人でかなり節約志向の方がいます。その方の節約法の中でも特にすごいと思わざるをえないものは、「100円ショップで大半を賄う節約法」と「自宅で食事をするときに紙皿とラップを使用する節約法」です。

まず、彼女の場合、何か日常生活で必要なものが出てきたら最初に行くところは100円ショップなのです。独身なので特にお金がかかるわけでもなく、もっと優雅に暮らせるはずなのですが、彼女はとにかく100円ショップマニアと言えるでしょう。私も以前、100円ショップを散歩していてショックを受けたことがあるのですが、今や100円ショップはかなり品数豊富で日常生活で必要なものはほぼここで揃えられます。ですから、彼女の場合、まずは100円ショップで物を探し、そこでなければ別の所に探しに行くという節約サイクルができているのです。

そしてもうひとつ彼女がしている節約法に、紙皿とラップだけを使用する食事法があります。どういうことかと言うと、お皿は陶器やガラスでなく、紙皿にラップをかけて、その上から食べ物を置いて食事をしているのです。別に紙皿でなくてもよいと思うのですが、これは彼女の好みの問題なのでしょう。とにかく、これをすることでお皿を洗わなくても済むため、水道代が節約できるというわけです。

さすがに私にはここまでの節約はできそうにありませんが、独身であるからこそ、自由に節約できるというメリットを大いに生かしているのでしょう。


余計なものを買わずに節約する方法

基本的には誘惑に負けないことだと思っています。もともとインドア派なこともあり、お出かけをしないのも節約になっているかと思います。

コンビニ行くとどうしてもスイーツだったり、限定のお菓子などが食べたくなってしまいます。最近ではドーナツやコーヒーまでもが売っていて、ついで買いをしやすい状況です。余計な陳列棚は見ないことで買わないようにしています。

スーパーでの買い物に関しては週に一回にまとめ買いをすることで、無駄のものを買わずに済んでいます。こまめに買い物に出かけてしまうと余計なものを買ってしまう傾向にあるためです。出来るだけポイントが多くつく時や、5%オフなどのお買い得な日に行くように心がけています。

あとは同じスーパーで買い物をすることでポイントが貯まりますので、そのポイントを使用して買い物をしています。

節約をしつつもたまにはお出かけをします。その時は極力、家でお昼ご飯を食べて、夕食までに帰ってくるようにしています。

常に贅沢をしないように外食よりも家での食事を大切にしています。何より体にいいです。

買い物をする時も、使うかどうか真剣に考えます。迷ったらやめると決めています。

迷った時に買わなかったものは、あとで後悔することもなくしっかり考えて良かったと思います。

出かけ先で何も買わないと交通費のみかかってしまうのがもったいないと思うことがあるためネットを上手く利用しています。

送料無料で届けてくれるものも多いので助かっています。

我慢ばかりでは辛いですが、このくらいであれば苦ではないのでこれからも続けていきたいです。