飲み物代を節約して、ついでに健康になろう

以前の私は炭酸飲料が大好きでした。冷蔵庫の中には常にコーラの1,5リットルボトルが入っていましたし、予備の炭酸飲料も備蓄棚に2,3本は確保していました。今のような夏の時期は、自動販売機を見かけるとジュースを買わずにはいられないたちで、そのたびに140円程度の出費をしていたのを覚えています。

そんな私が炭酸飲料絶ちを決めたのは、とある番組でのアンケートがきっかけでした。その番組では、若年層が冷蔵庫に入れている飲み物の1位はミネラルウォーターでした。炭酸飲料を水代わりに飲んでいた私にとって、それは意外な回答だったのです。いらい私は、スーパーや自動販売機で買う飲み物は水に変えることにしました。水のいいところは2つあります。1つは値段が安いこと。炭酸飲料と比べて水は安く購入できます。お金の節約にもなりますよね。2つめは糖分の摂取を抑えられること。糖質の取りすぎが体に悪いというのは、真贋はわかりませんが一般的には周知されていると思います。健康な体を維持できれば、将来的には医療費の節約にも結び付くのかなと、個人的には思っています。目の前の現金もそうですが、将来の出費を抑えられるかもしれないというのは、水の大きな利点だと思います。

みなさんも、安く買える水をうまく活用して、健康な体を手に入れてみてはいかがでしょうか。


毎月の貯蓄は先取り貯金で徹底管理してます!

元々お金はあればあるだけ使ってしまうタイプだった私ですが、将来のため、子供のために貯蓄をしようと強く思うようになりました。そこで本格的に貯蓄を始めるために、貯金口座を開設しました。

それまでは、口座は一つしか持っていなかったので、支出も収入も全て一つの口座で管理していました。でもそれでは貯蓄という感覚が持てなかったので貯金口座を開設することにしたんです。

貯金口座を作ってから、お給料が入ったらまず貯金用に5万円引き出し、貯金口座に入金することを徹底しました。このお金は絶対に触らないようにし、ないものと考えます。今までは毎月残ったら貯金しようという考えだったので、先取り貯金をするようになってから貯まっていくスピードに驚いています。

先取り貯金することで、確実にお金を貯めることができるようになりました。お金が順調に貯まってくると、もっと貯めよう!という気持ちになり、先取り貯金以外に後取り貯金もするようになりました。

貯金口座は入金以外、一切手をつけないということをとにかく徹底しています。貯金意識が高くなりますし、貯金額が一目瞭然になるので、貯蓄を始めようと思ったらまず、貯金口座を作ることがお勧めです。あればあるだけ使っていた私が貯金できるようになりました!


途中で使えないようなオリジナリティで備蓄を!

短縮や蓄財といえばキャッシュを溜めるのがあこがれだ。そのためにはせっせと稼ぐのが頂点速いと思います。しかし育児や疾患など様々な理由で働けない実例、日常のちっちゃなところで工夫をして蓄財をすることになります。

よくあるのが100円玉や500円玉集積だ。購入などでお釣りをもらったら集積ケースに混ぜることを繰り返し、いっぱいになるのを楽しみに暮す技法だ。それでも途中で支払いがあり仕方なくせっかくためておいた硬貨たちを出して仕舞うお客がいる。私の場合は途中で使いたくても使えないように缶の集積ケースを使って500円玉を貯めている。今まで貯めた最高額は6年代半分で32万円でした。その後は可愛い缶で10万円周りなどとときどき貯めてきました。全品ツアー用があこがれだ。

最近は定期積み立てを始めました。それも5年代ものです。月に最初万円ですが、今年は多々ファイナンスが苦しい結果五千円にしようかとも思いました。しかし金融機関メインのお姉さんに、払えなくなったら廃止できるからと言われて契約してしまいました。今までも頑張って最初万円で積立をしてきたので、何とか頑張ってみたいと思います。ポケットから自動的に引かれるので、とにかく月間積み立てが行われていきます。否応なく引かれていくので、こちらにとっては良い方法です。

せっかく貯めようと集積を始めても、途中で使ってしまうのは勿体ないものです。途中で簡単に使えないような貯め方をするのが、ゴール克服にはアリです。


わたくしが半年で100万円貯めたしかた

以前の自身は、手元にある小遣いはたちまち使ってありためると言うより稼いだ小遣いと蓄えを切り崩して遊んでおりました。そういう身の回りを続けているうちにどんどん蓄え値段は減少しお母さんが私のために月額しっかり貯めてくれていた蓄えも何時の間にか飛んで行ってあり通帳を見てはじめて状態に気づきました。

これではやばい、と自身は100万円、通帳の値段を3桁にしようと心に決めました。とりあえず行動したことが通帳を3つに仕切ることです。1つは溜めるだけの蓄え対象通帳だ。ここに月額8万含めると決めておりました。二つめの通帳は引き落とし特別通帳だ。うちでしたので貸し賃はいりませんが、携帯経費と定期金、一層父兄に手渡す小遣いもここから呼び覚ますようにしておりました。最後に3つめの通帳は報酬払込み対象通帳だ。職業の他にサイドワークや競り市などで稼いだ小遣いもここに一切混じるようにしておりました。

衣服・靴は1着2,000円以内でしか買わない面、呼出しはなるたけおんなじ出来事に掛けるか家電からかける面、コスメティックスは自分の素肌に見合うもので、かつコスパが良いものをディスカウントが利く際のみ購入する事、やりくり簿を塗りつける面など…様々な決め事をしておりました。知り合いと遊ぶこともありましたが、ご飯もなるべく安いものを選ぶみたい心掛けておりました。おかげで尽力の後半目下100万円が滞りました。が、これからも蓄えをして人生小遣いに困らないようにしていこうと思います。


自分と父親の天引き蓄財

うちは夫婦カップル生活で子供はいません。学資が取り除けるからお金が溜まるのでは、と思われますが
給料がダディが380万円、私が103万円ですので貯蓄できる金額にも指定があります。
ダディはケチとも窺える
ほどの倹約家でおかげで持家のマンション自宅も含めた利益は、おそらく4千万円くらいと言っていました。
月々の預金ですが、恋人が自分で取り仕切ってあり、天引き預金として定期貯えで1万5千円、株式獲得で8千
円、民間の生命保険仕事の自身年金に二つ加入してあり、その額面が1万4千円、と約4万円預金をしています。
私も自身年金に加入してあり、ひと月1万5千円、時支払いで18万円空白を支払っている。天引き預金パイを
差し引いた額面を生活費としてあてている。

ダディの自身年金は1990年に列席したもので、低い掛け金で大勢貰えるお得なものです。現在では
自身年金の掛け金も高くなりましたので、支払えるかどうにかという面と、受け入れ金額が少なくても嬉しいという
ヒトにはおすすめですが、当面の生活費半年パイを軍資金で預金する方をプライオリティー決めるだ。
私も自分の資金目的に預金をしています。時で10万円以外を目指していますが、とあるお金の要するホビー
を持ち合わせる結果実に預金できません。しかしライフの中で譲れないものなので諦めている。ホビーが預金
という周りは独身時代からすごい貯めていました。