フリーターにおすすめ

私の周りの人はフリーターが多いのですが、その中でも個人的に興味深かったものがあります。

それは、「個人年金」。正社員だと入ることができませんが、それ以外の就業形態の方であれば誰でも入ることができます。

少子高齢化社会で将来、もらえる年金はどんどん減っていく…。正社員であればある程度もらえるかもしれませんが、そうでない人達は基礎年金だけでは到底生活できる水準が低くなる可能性が高いです。

そんなときに、個人年金で積み立てておけば少しは足しにすることができると思います。

フリーターの方にもおすすめなものですが、派遣社員として働いている人達であれば厚生年金と基礎年金とさらに個人年金でもらえることになります。

金額がとても跳ね上がるわけではありませんが、少しでも多くのお金をもらいたいですよね。

正社員以外の方には本当におすすめです。

あとは、フリーターの人達に必ずやってほしいことがあります。それは、確定申告です。

フリーターは自営業扱いになるので、確定申告をしていた方がお得です!

わからなければ近くの税務署に行けば教えてくれます。

簡単にいうと、払いすぎた税金が返ってくるのです。

それは嬉しいですよね!ぜひおすすめします。


100万貯めるのは簡単

倹約家、節約家をケチという方がよく居ますが、ケチと節約は全く違いますよね。お金が貯まるのは、意外と簡単です。無駄を見つければ良いんです。

例えば毎朝コンビニで、缶コーヒーとパンを買うとしましょう。月に20日働いて、1回コンビニ200円を使っているとすると月に4000円。

毎日お昼にコンビニでお弁当やカップ麺とジュースを買うとしましょう。700円程度を20日、14000円ですね。

この生活を少し工夫して、マイボトルにコーヒーを入れて持ち歩くだけでコーヒーだいが浮きますね。

ほんの少しの手間だけで、朝に少し早く起きるだけで節約が出来ます。

またお昼のお弁当やカップ麺にしても、朝に少し早起きして、お弁当が難しければおにぎりを一つ握るだけでも違います。

おにぎりを持つだけで炭水化物なのでコンビニでお弁当を買うわけには行かないですよね?そこが狙いです。おにぎりを持参すると、ご飯が入っていないお惣菜などを買いますよね?お弁当より安く済ませられます。

毎日少しずつ使う小銭が貯まると一万円=毎日少しずつ小銭を貯めると一万円(これを貯金)

それだけで充分貯金に繋がりますよね。塵も積もればなんとやらです。なかなか難しいのは分かりますが少しずつの節約の工夫でお金の無駄を省き貯金に繋がりますね。


我が家の人には言えない節約術

私の家は昔から母がかなりの節約家で、様々な節約方法が行われています。人に言えることから言えないことまで・・・。その内容をここで書きたいと思います。

まず、水道代の節約。風呂水を洗濯に使う、などは皆さんされている方も多いと思いますが、家では残った風呂水をバケツにくんで、その水でトイレを流します。詰まったりしないの?と思うかもしれませんが、詰まりませんし、ちゃんと流れます(笑)あ、普通の洋式トイレですよ!さらに、トイレは毎回流さないんです。。ちょっとトイレットペーパーが溜まってきたかな、と思ったら流す、これが家のスタイルです。

あとはコンセントをこまめに抜くこと!家では基本、電話と冷蔵庫以外のコンセントは使うとき以外は抜いています。いちいち使うときにコンセントを繋がないといけないのは面倒ですが、火事などの予防にもなると思って常に抜いています。

あとは冷蔵庫に余分なものを入れないことです。冷蔵庫を余分なものでいっぱいにするとその分電気代がかかりますからね。さらに余計なものを買わなくなるので、食費の節約にも繋がります。家では余計な食材を買わないで使い切るので、野菜を腐らせたり、賞味期限切れの食材を捨てるなんてことはありません。

これらが我が家で行っている主な節約方法です。節約は環境保全にも役立ちますのでみなさんもぜひ!


日用品の購入にイオンスーパーセンターを活用しています

日々暮らしていく中で、日用品の購入は、家計において大きな割合を示すものです。

生きていくうえで欠かせない項目ではありますが、ここの費目を上手にやりくりすることが、大きな節約につながります。

そこで私は普段、「イオンスーパーセンター」などイオン関係のお店をよく利用して、できる限り費用の節約に努めています。

イオンスーパーセンターは私の家の近くにある、食料品、衣服、家電など日用品は一通りそろえることができるスーパーです。

同じイオン系列の「イオン」「イオンモール」よりは規模は小さいものの、「マックスバリュ」よりは規模が大きい、いわゆる総合スーパーです。

イオンスーパーセンターの良いところは、トップバリュといったオリジナル商品が多く、同等の商品を比較的安価に購入できることがあげられます。

これに加えて、「お客様感謝デー(毎月20日、30日全商品5パーセントオフの日)」、「お客様わくわくデー(毎月5のつく日ポイント2倍)」、「ありが10デー(毎月10日ポイント5倍)」「火曜市(お得な商品を100円で提供)」など様々な「お得な日」が設けられています。

そして電子マネー「WAON」やクレジットカード「イオンカード」と関連した独自のサービスもあって、イオンをよく利用する人であれば、そのようなカードを所持すると、さらにお得になります。

私も、「お得な日」に電子マネーやクレジットカードなどをうまく活用して、できる限り安くお得に購入するようにしています。

このおかげで、大夫日用品にかかる費用を抑えることができました。

今後も上手に活用して、節約に努めていきたいです。


レコーディング節約法

私の節約方法をご紹介します。

それは、「レコーディング節約法」です。

ダイエットの方法として、「レコーディングダイエット」という方法がありますよね。

とにかく食べたものをメモしていくという。

書くだけで、ダイエットになるそうです。

その節約バージョンです。

過去に家計簿をつけてみたのですが、収支が合わなかったりしてめんどくさくなっちゃって続きませんでした。

でも、使ったお金を書いていくだけなら簡単なので1年以上続いています。

私はツールとして、「おかねレコ」というアプリを使っています。

とにかくお金を使うとそのアプリに入れています。

例えば、コンビニで買い物したとき、外に出てアプリに入れてレシートをぽいって捨てるというような流れで。

ツールはエクセルでも、アナログにメモ帳でも、なんでもいいと思います♪

毎月つけていると、何費にいくらくらい使っているのか傾向が見えてきて、今月はこのお金を使いすぎたな、とか分かるようになります。

以前は、お金は無いけど何に使ったのかおぼえていないなんてことがよくあったのですが、今はそういうことが無くなりました。

また、交際費や家具家電費や旅費という、何か月に1回ドンと出費する項目があることがわかったので(そんなことも気にせずにお金を使っていました…。)

それらのお金は毎月5000円づつなど別の封筒に積立をして、月々の出費を均すようにしました。

そうすることで、普段の月は無駄遣いをしなくなり、ドンという出費の時には貯金をくずさなくなったので、節約につながりました。

使ったお金をレコーディングすると、いろいろ見えてきてそこから自分はこうしようと対策が見つかり、節約できるのでおススメです。