ズボラな私でも先取り貯蓄で貯金ができました。

私は結婚して初めてお金のやりくりをしなくてはいけないという壁にぶち当たりました。やりくりのイメージはケチケチ節約して、夫のこづかいを減らすといったイメージでやりたくないと思っていたのです。しかし、親に「残った分を貯蓄するのでは貯まらないよ!先に貯金分を取っておいて残りを生活費として使うんだよ」と言われ、無理のない程度で世帯収入の2割の貯金を目指して先取り貯蓄を始めました。これまでは今月も残らなかったと落ち込むときが多かったのですが、先取り貯蓄では残りがどれだけ使っていいのか明確に分かるので、家計簿をつけることが苦手な私でも続けることができました。

先取り貯蓄に慣れてきた私はその後、食費なども月の予算を封筒に先に分けるようになりました。大体月に何回食料品を買いに行くか検討をつけ、その回数で食費の予算を割って一回の買い物で使って良い金額が分かるようになってから食費の節約もできるようになりました。お菓子や冷凍食品の無駄買いが無くなり、食べきれずに捨てる食材もグンと減りました。また、冠婚葬祭のときのために特別費として毎月1万積み立てることも決め、急なことがあっても貯蓄を崩さなくて良いようにすることができました。家計簿をつけることが苦手な方は、先に予算を取っておいて、後を使って良いものとするという方法がお勧めです。


貯蓄は貯蓄で増やす! らくらく投資の方法とは?

貯蓄は増やしたいけれど、あんめり切り詰めるのは楽しくない。そんなあなたにオススメするのが投資です。

投資といえば株を想像すると思います。
そして「下手をすれば大損してしまう」「始めるのに大金が必要」というイメージが強いのではないでしょうか。

株を始めるならばその通りです。
今では少額で買える株も多くなってきましたが、やはりほとんどの株は購入するのに何十万円か必要になります。

ここでオススメするのが投資信託です。
投資信託は、株式などの投資の運営をする人たちに資金を投資するものです。なんと1円からでも始められる投資信託もあります。

こちらも元本割れを起こして損をしてしまうこともあるのですが、少額ではじめればそうそう痛い目をみることはありません。
また、「安定型」と呼ばれる投資信託であれば、大きく損をすることはまずありません。

そして、今年からは国が主導する制度として「積立NISA」が始まります。
通常、投資で得た利益は20%が税金として国にとられてしまうのですが、この積立NISA制度をつかえば、税金を取られることなく、利益がまるまる自分のものとなります。

やりかたは簡単。証券会社(手数料の安いネット証券がオススメです)に積立NISA口座を作成して、購入したい投資信託を選び、月にいくら積み立てるか決めるだけです。
年間の積立合計が40万までという縛りはありますが、つきに3万円を積み立てても年間36円。

それに配当がプラスされるという計算です。
引き出しはいつでも自由なので、これを機会に投資を始めてみてはいかがでしょうか。


コツコツ貯金がダメというわけじゃないけど

社会人になってからもがんばってきた預貯金。ざっくりと課題にしては、月々これまで入金をしてきました。

ですが今の時代、資産運用や資産形成といった言葉が普通に歩いているように、いろいろな意味で投資の時代ですね。

定期預金をするにしても、銀行への長期預入期間に対して少ない利率にほとんど期待できない時代として、我が家も投資信託などいろいろと不労所得を作っています。

株式でもニーサでも何でも、資産運用のことを知るほどに、やはりコツコツ貯金をするよりはるかに合理的ですし貯蓄パワーがあるということが分かりますね。

その代わり万能という保証はもちろんなく、賭け事的でもありますが、そうかといってあまり先々の兆しを気に揉んでいても何もできなくなってしまうのでそこはある程度割り切りです。

いざというときすぐに取り出せる備えとしても、ごくごく従来型の貯金がないよりあったに越したことはありません。

なので、プリミティブに封筒貯金や金融機関口座の貯金を続ける傍らで投資信託など、資産形成に努めている我が家。

ITの大変便利で合理的な力のある今や、インターネット画面からパッパッと、株でもネットバンキングでもと思うとこの時代のIT技術には恐れ入るものです(笑)。

日々の節約がうまくいった分の一部は次の資産形成のための資金源へ回し、徐々に次の株式なり投資信託なりにシフトチェンジしていきながらとにかく意味のある節約やお金の使い方を今後もがんばっていきます。


備蓄のツボ

金額を蓄えるのは大変ですが、ちょっとした技術を決めるとするならば、ひと度お所得や貰える金額は、「懐に入ってから働きを位置付ける」というのが一番です。
正当じゃないかと映るかもしれませんが、これがさほどそうではなくなにか買い物をするときやトリップを本旨するときに、今月は酷いけれど次月の所得が入ればとか、賞与がもらえるので万全と無意識に考えてしまいがちだ。
そうではなく、今日手持ちも金額でようやくならないのであれば、蓄えるまで頑張るなり、我慢するなりを練り上げるだけで、全体的に貯えを考えられるようになるでしょう。
今月のお所得は20万円入るから、10万円を光熱費、店賃として、残り10万円なんて場合は、10万円を下ろすのではなく、課題でも10000円ずつ下ろして利用するようにしましょう。
10万円が手元にあって、次の所得を待つのと、10000円ずつを使い切ってから、金額の働きを策するのでしたら、後のほうが貯えとして留まる金額も大きくなります。