塾選びも、家計の節約に直結します

“子どもの教育費が、家計に重くのしかかります。こちらの節約が一番家計にはありがたいです。
高い塾に行くのか、それほどでもない塾に行くのか、親たちも、塾の費用がかかるようになると、お金に困ってくるのです。

お父さんの遊びもできなくなってきます。
これから、果てしなく続く、塾の費用は、お父さんも遊んでいる場合でないことを知らせています。予告です。
お子様が、二人以上いるお宅では、お母さんもお料理を手作りして、子供に食べさせることが、仕事になります。
出来ているものを買うことはできないのです。

さらに、子供の進学先ですが、子供の進学先も、仕事の各づつにあるものを選んだほうがいいように思います。
なぜなら、あとあと、その仕事を外れた時に、食いつなぎができないといけません。
こちらも、節約とは違いますが、大きな流れで必要なことです。
子供の教育が、一番、節約するも、貯蓄できるも、関係してくるのです。親も、そこは熱心にしないといけません。

資格も、子供に撮らせておくことも重要です。後々の節約になります。
何よりも、大学生がいたとしたら、勉強してバイトは控えさえないと、留年という大きな代償が待っています。
その人のいるところっをきちんとやることです。”

通年蓄財を繰り返すと公言している仲よし
ガソリン車のクーラーの節約です