飲み物代を節約して、ついでに健康になろう

以前の私は炭酸飲料が大好きでした。冷蔵庫の中には常にコーラの1,5リットルボトルが入っていましたし、予備の炭酸飲料も備蓄棚に2,3本は確保していました。今のような夏の時期は、自動販売機を見かけるとジュースを買わずにはいられないたちで、そのたびに140円程度の出費をしていたのを覚えています。

そんな私が炭酸飲料絶ちを決めたのは、とある番組でのアンケートがきっかけでした。その番組では、若年層が冷蔵庫に入れている飲み物の1位はミネラルウォーターでした。炭酸飲料を水代わりに飲んでいた私にとって、それは意外な回答だったのです。いらい私は、スーパーや自動販売機で買う飲み物は水に変えることにしました。水のいいところは2つあります。1つは値段が安いこと。炭酸飲料と比べて水は安く購入できます。お金の節約にもなりますよね。2つめは糖分の摂取を抑えられること。糖質の取りすぎが体に悪いというのは、真贋はわかりませんが一般的には周知されていると思います。健康な体を維持できれば、将来的には医療費の節約にも結び付くのかなと、個人的には思っています。目の前の現金もそうですが、将来の出費を抑えられるかもしれないというのは、水の大きな利点だと思います。

みなさんも、安く買える水をうまく活用して、健康な体を手に入れてみてはいかがでしょうか。

毎月の貯蓄は先取り貯金で徹底管理してます!
お買い物好きなら、おトクなデパート積み立てを利用しよう!