独身男性の固定費を減らす為の節約術

私は30歳を超える男性ですが、家計簿をつけています。

その中で固定費というのは、非常に割合が大きく削るのも困難なものが多いです。

しかし、得ている給料が決まっている以上、その中で生活をしないといけません。

そこで何を削るかと目につけたのが携帯電話です。

ガラゲー時代に比べると、今のスマートフォンの通信料金というのは非常に割合が高く、3社のケータイ電話の料金というのは、安く見積もって8000円くらいが主流だと思います。(プランにもよりますが)

先に書かせてもらいますと、私は長年契約更新をし続けていた、3社ケータイのスマートフォンを解約をし、格安スマホに機種変更をしました。

三社スマフォの料金が月額8000円とすると

8000円×12か月=96000円

現在の格安スマホの月額は、3500円

3500円×12か月=42000円

となりますので、差額で54000円を節約できた計算になります。

今現在のスマホは3500円と書いていますが、これには保険等のプラン外のオプション料金を足しているため、他の格安スマホに比べると高めな料金プランになっているため、もう少し節約をしたいと思えばできる状態になっています。

固定費も考えれば、節約できるんだなぁと思ったのが今回の節約でした。

まずは、1つ家計簿をつけて、気になった項目をスマートフォンで調べてみてはどうでしょうか?

お金を使っていると自覚するのも1つの節約術です。

水筒を後歩いたほうがいい理由について
貯金するならお金が逃げないように財布の管理もしっかりしよう