無駄で得をすることもある

無駄は損をする事ばかりではありません。

例えば、お弁当箱。

毎日お弁当を持参する夫のお弁当箱は、スープも漏れないし保温も保冷もできる機能を持ち合わせています。

だから5,000円もしましたが、高い買い物だったとは思いません。

コンビニ弁当は嫌いだし、かといって外食ではお金が掛かり過ぎます。

自分の好みのものをしっかりと食べられるという安心感のための投資だと思えば、反対にいい買い物をしたと思えます。

でも、同じお弁当箱でも子供の場合には事情が異なります。

年に2度くらいしか使いません。

しかも数年ごとには買い替えないと食欲に適したサイズではなくなってしまいます。

最初は可愛いお弁当箱を持たせたくて一生懸命に選んで買いましたが、これは明らかに無駄だったなと考えています。

100円均一あたりで使い捨てのパックを買った方が正解でしょう。

洗う手間もなく、保管をする必要もありません。

なので、今は使い捨てのものに入れるか、家にある保存用の容器で間に合わせています。

これに何度も使えるスープジャーをつけているので、可愛いお弁当箱に比べても見劣りすることはありません。

このスープジャーも3,000円ほどしましたが、家族の誰もが使えるのでいいお買い物でした。

こんなふうに考えると、使い捨てだって無駄とは言い切れず、かえって得になることもあると気が付きました。

電車に頼らない移動という選択
リサイクル商品の活用で節約する方法