節約・貯蓄体験談

お金がないとどうやって節約するか、どうやって貯蓄を増やしていくか考えると思います。私も実際そうでした。そこで、私が実践した節約方法を書いて行こうと思います。

私が行った節約方法は、家計簿をつけることです。当時学生だった私は、考えなしにお金を使い金欠に陥るということが多々ありました。しかし、家計簿をつけると、自分がどのくらいお金を使っているかが明白になります。どのくらいお金を使っているかが分かるため、必要以上に使わなくなるようになりました。さらに、水道光熱費や家賃といった必要経費を除いて月にどのくらいお金を使えるのかを決め、余ったお金を貯金しました。

この節約方法を行って行くうちに、だんだんと楽しくなっていき、一日に使える金額を決めどのくらい節約できるかという考えになっていきました。スーパーのチラシを見て特売している食材を買うようになったり、本当に必要かを考えて買い物をするようになりました。そのおかげか、貯蓄なんてほとんどできなかった私が、1年で30万ほど貯蓄できました。ただ家計簿をつけるという、簡単で誰にでもできることをしただけなのに30万円ほど貯蓄することができました。是非やってみてください。

お弁当や水筒の持参生活はさまざまな効果があった
電車に頼らない移動という選択