先取り貯金は、積み立て定期が有効です

貯金方法に、先取り貯金、余ったお金を貯金する方法があります。お金の使い道に計画性があり、お金を残すことのできるタイプなら、余ったお金を貯金する方法でもいいと思います。しかし、気付いたら財布からお金がなくなっているタイプは、先取り貯金!しかも、引き出しにくい方法での貯金がオススメです。

先取り貯金でも、自分で入出金をする方法だと、お給料が少ないときなんかに、ついつい貯金を後回しにしてしまい、なかなか貯金が増えない場合があります。そんな時にいいのは、強制的に積み立てることができ、尚且つお金を引き出しにくい「積み立て定期貯金」です。

一定期間を過ぎると、出金することができます。しかし、ATMでは出金できず、印鑑を持って窓口へ行かなければなりません。貯金全部を定期に入れてしまうと、いざというときに引き出せず困るし、給料の少ない月や、支出の多い月に、生活費が無くなってしまう事態になるので、一部を積み立て定期貯金にした方がいいです。

あとは、一つの通帳に貯めるのではなく、用途別に定期の通帳を作るのもいいです。一冊は、出金する予定のない通帳。二冊目は、車検代や税金などの、今後支払う予定があるお金を貯めておく通帳です。気付いたらお財布のお金がなくなっている!というタイプは、一つの通帳だけだと、沢山お金がある!という錯覚に陥って、ムダ遣いしてしまうからです。

効率的に貯金するには、まずは自分の性格を知り、貯金方法を決めるところからだと思います。

なんてったって予めが節約の要!
英語の勉強はコミュニティをしっかり利用して。