お金を貯めるためにはやっぱりこれ!基本が大事!

節約は、できる人は息をするようにできますが、できない人は本当に難しいことです。

そこで、『お金を貯める最適な方法』をお伝えします。

その方法は、ズバリ!

【支出を把握する】です。

そんなこと知ってるよ! と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、

正直なところ、これが一番節約につながります。

支出を把握すると、自分の無駄遣いがどれくらいあるのかが分かり、より効果的な節約策を実行できます。

自分の支出を把握する方法として代表的なのが、「家計簿をつける」ことでしょう。

家計簿はお金の流れを表し、経済的状況を一目見て判断できます。

、、、皆さんが言いたいことは分かっています。

【それができないから困ってるんだよ!】でしょうか。

私も、ペンを使ってすべての支出を紙に書けるほど、集中力が持ちません(笑)

なので、自分に合った支出の把握の仕方を見つけることが大切です。

【パソコンを使う】

現代では、パソコンを使った家計簿付けも可能になっています。

インターネット上には無料の家計簿ソフトがあり、そのソフトを使うことにより、パソコンに数字を打ち込むだけで支出を把握することが可能になります。

パソコンが得意な人や、パソコンを使うことが好きな人には、おすすめの方法です。

【レシートを使う】

「ペンで家計簿は書けない! かと言って、パソコンも得意じゃない!」という方もいらっしゃると思います。

そういった方には、ペンで書いたりパソコンを使ったりしない、「レシート」を使った支出の把握方法があります。

レシートをどのように使うかというと、「レシートを財布の中に入れる」のです。

レシートを入れるといっても、すべてのレシートを財布の中に入れるのではありません。

「不要な支出」のレシートのみをレシートの中に入れるのです。

“不要な支出”とは、

・将来的に役に立たない。

・生きていく上で必要ではない。

支出のことです。

必要な支出は、

{食事代・最低限の洋服代・電気、ガス、水道代(無駄遣いはない前提)・家賃}等々、、、

上に挙げた”必要な支出”の中でも、食事代に関しては、明らかに生活水準を大きく上回る食事を正当な理由なく複数回行った場合は”不要な支出”に含まれますし、

家賃も、正当な理由なく明らかに生活水準を大きく上回る家賃代は、不要な支出に含まれます(といっても、家賃はレシートが発生しませんが)。

また、「不要な支出のレシート」とは、

・購入した商品のうち、最も高額な商品が”不要な支出”なレシート。 のことを指すことにします。

また、自動販売機での購入など、レシートが発行されない買い物もあるでしょう。

その時は、適当な紙に「○○、△△△円」という風に、自分で後からわかるように書いておき、財布の中に入れましょう。

こうして1か月間、「不要な支出のレシート」を財布の中に入れ続けます。

浪費が多い人は、レシートがたくさん溜まっていくのではないでしょうか。

そして、ここからが本番です!

一か月間、財布の中に入れ続けたレシートを一気に取り出します!

そして電卓を用意し、不要な支出をすべて足し合わせます。この時、足し合わせるのは、そのレシートの中で一番金額の大きい”不要な支出”のみでOKです。

そして出てきた数字が、「必要ではない支出」です。

その金額を見て、

「これを買わなければ、○○が買えたな~」とか、「こんなにたくさん((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」という風に考えたりすると、効果が倍増します。

皆さんも、お金を貯めて欲しいものを手に入れましょう!

株主優待券をヤフオクでゲット
簡単!貯蓄術☆