日々の積み重ね、小銭貯金を楽しむ

子供達が大きくなり、大学生の学費と仕送りが始まって8年目。当時は何とかなる、と思っていましたがこれも数年続くとかなり厳しい現実です。積み重なる度にどんどん生活は苦しくなり、自分の事にお金を使う事が全くといっていいくらいできなくなってきました。生活費でいっぱいいっぱいの日々です。

しかし、買い物はできなくても何か楽しくなること、と思い、貯蓄への余裕すらないけれども、節約を兼ねて楽しめる小銭貯金を始めました。

本来なら500円貯金が一番ですが苦しくなると500円玉はかなりの戦力になってしまうので、ここは出来る範囲でしています。貯金箱でも良いのですが、500円玉以外の小銭貯金は貯めるのに根性がいるので、透明のガラス瓶や綺麗な瓶、ペットボトルなどは自分でデコレーションをして外から見えるようにして楽しい貯金箱を作ります。

チャリーンという音を楽しみ、外から貯まるのが見えるとかなりのやる気になってくるのです。

毎日のお買い物の後に、財布から小銭を出し貯金箱へ入れます。そして、割引などがあれば、自分の頑張った分として、または無駄遣いを我慢した分を全て貯金箱へと入れていきます。微々たるものかもしれませんが、日々の楽しみと習慣へと変えていくと、最後には塵も積もれば山となるへと変わっていき、自分の頑張りが貯金と節約へとなっていきます。これが、小銭貯金の楽しみ方です。

1円玉がいとおしく、大切に思える節約方だと思います。

バスの割引乗車券を有効に使って交通費の節約をしています
これで老後も安心!結婚を機にはじめる貯蓄計画。