節水には風呂の残り湯を最大限に利用

水道料金が高い地域に住んでいるので、とにかくどうやって節水して行くかいつも考えています。

まず、食後の洗い物は、できるだけ蛇口から出る水の量を少なくすることです。

少なくするには蛇口からでる水を細くすればいいことです。

それだけではなく、蛇口の下にタワー状に洗い物を配置しておくこともポイントになります。タワー状に置いておくことで、その上で、茶わんなどをすすぎ洗いした水が、次にすすぐものにかかって、洗剤がある程度流されて、すすぎを早く終わらせることができます。

風呂の残り湯は必ず再利用します。

当然、洗う場合はちろんですが、すすぎにも利用します。2回すすぐ場合は、1回目のすすぎに利用します。

また、トイレを流す際にも利用します。

バケツに風呂の残り湯を汲んでおいて、トイレを流す時に、タンクのうえから入れてやればいいのです。やってみるとわかるのですが、我が家のトイレは節水タイプではないので、バケツ一杯の水を入れても、タンクは満タンにはなりません。

また、タンクに入れずにバケツで直接便器に入れてもいいです。その場合はバケツ一杯だと水流が不足して全部流れないかもしれませんので、二杯入れればいいでしょう。

庭で花やハーブを育てていますので、水やりには風呂の残り湯を利用します。バケツに汲んで庭まで運びます。手間がかかりますが、運動と思ってやっています。

ラテマネーの節約
ずぼらさんにおすすめ!1週間1万円生活!