小さな事からコツコツと明日から始められる事から見つけていく

お金の悩み…どの年代でも絶えない悩みかと思います。

私も日頃のお金のやりくりに苦労しています。

収入を増やせるのが一番良い事ですが、このご時世なかなか給料アップをするにも才能や知識が必要な場面が多く、増やすのは容易い事ではありません。

今貰っているお金でどうするべきなのか、どうしたら節約できるなのか考えていきたいと思います。

まず手始めに今自分の収支のバランスがどうなっているのかを知る必要があります。

そう家計簿をつけましょう、人はある物はどんどん消費しますからまず抑制させるにも現状を知る事が大事です。

家計簿といっても沢山の種類が販売されており、細かく記入できる物やテーマごとにまとめる物まで様々、選ぶだけでも疲れてしまいます。

そんな時はできるだけ簡単なもの、ザックリとしていて全体把握ができる程度の物にしておくのが無難です。

細かくお金管理が出来る方は別ですがほとんどの方が細かすぎると継続できません。

可能な限り簡単でシンプルなものを選んで収入から光熱費や家賃、食費等を記入して差額を見える化しましょう。

書くのが苦手な方はスマホアプリが有効です。

今だとレシートを写真で撮るだけでお金の計算をしてくれるアプリもありますのでお勧めです。

ちなみに私も日々アプリに計算してもらっています。これかなり簡単なので私のようなめんどくさがり屋さんにお勧めです。

全体収支が見えたら今後は本格的に節約です。

賃貸の方は家賃は毎月固定で抜けていくので致し方ないとして光熱費…あっ水道が…電気が…ガスが…料金はそれぞれのご家庭で違うと思いますが値段を目にすると高い物が見えてくると思います。

電気なら昼間は消して過ごしてみるとか、誰もいない部屋は必ず消すとか、エアコンは夜はタイマーにして付けっぱなしにしない等、できる事から実践しましょう。

習慣化するとみるみる使用量が減るはずです。

水道もガスも同じ事が言えますので、シャワー浴びる時はこまめに止めたり、炊飯器の保温をやめてみたり、その一つ一つが山になります。

もうやってるよ!という方は次に削れるのは食費になるかと思います。

恐らく食費が一番高いはずですので、まず献立を考えましょう。一週間分だけで構いません、献立を考えて一週間分一気にスーパーへ行って購入します。

そして献立通りに食材を使っていくようにします。これだけでかなり効果があります。

次に可能なら一日の使えるお金を設定しましょう。私の場合は一日2000円です。

100均に布製のカレンダーにそれぞれ日にちにポケットが付いた商品が売っていますので、買ってきてそのポケット全てに2000円を丸めて詰めます。

毎日ポケットからお金を取ってそのお金だけで過ごせるように工夫します。

余ったらその日のポケットに戻して次の日また次のポケットからお金を抜いて過ごす、この繰り返しです。

余ったお金は友人や交際相手との飲食や自分へのちょっとしたご褒美として使用したり、貯金箱へ月末に移していきます。

こうする事で本能的にお金の上限が身体に染みていきますので衝動買いや見栄を張って買ってしまうような事がなくなっていきます。

この一日使えるお金の設定もギリギリ行けるかな…大丈夫かなと不安になるレベルだとストレスになり破綻しますのでご自身の生活環境を考えて無理ない範囲にしましょう。

節約は一日だけでは効果はありません、小さい事を数多く実践し継続する事が大事です。

お金がないと悲観的になりがちですが、あるお金で乗り切る事を実践していき節約する事にポジティブになれると上がりがちな生活水準を下げる事が出来ます。

毎月1000円浮くだけでも喜びに変わります。

節約は自分の人生を豊かにしてくれると私は思います。周りを見渡してみてください、明日と言わず今から出来る事が必ずあるはずです。

さあ行動に移しましょう!

預金とアパート貸付
自家製で節約だ