100万貯めるのは簡単

倹約家、節約家をケチという方がよく居ますが、ケチと節約は全く違いますよね。お金が貯まるのは、意外と簡単です。無駄を見つければ良いんです。

例えば毎朝コンビニで、缶コーヒーとパンを買うとしましょう。月に20日働いて、1回コンビニ200円を使っているとすると月に4000円。

毎日お昼にコンビニでお弁当やカップ麺とジュースを買うとしましょう。700円程度を20日、14000円ですね。

この生活を少し工夫して、マイボトルにコーヒーを入れて持ち歩くだけでコーヒーだいが浮きますね。

ほんの少しの手間だけで、朝に少し早く起きるだけで節約が出来ます。

またお昼のお弁当やカップ麺にしても、朝に少し早起きして、お弁当が難しければおにぎりを一つ握るだけでも違います。

おにぎりを持つだけで炭水化物なのでコンビニでお弁当を買うわけには行かないですよね?そこが狙いです。おにぎりを持参すると、ご飯が入っていないお惣菜などを買いますよね?お弁当より安く済ませられます。

毎日少しずつ使う小銭が貯まると一万円=毎日少しずつ小銭を貯めると一万円(これを貯金)

それだけで充分貯金に繋がりますよね。塵も積もればなんとやらです。なかなか難しいのは分かりますが少しずつの節約の工夫でお金の無駄を省き貯金に繋がりますね。


フリーターにおすすめ

私の周りの人はフリーターが多いのですが、その中でも個人的に興味深かったものがあります。

それは、「個人年金」。正社員だと入ることができませんが、それ以外の就業形態の方であれば誰でも入ることができます。

少子高齢化社会で将来、もらえる年金はどんどん減っていく…。正社員であればある程度もらえるかもしれませんが、そうでない人達は基礎年金だけでは到底生活できる水準が低くなる可能性が高いです。

そんなときに、個人年金で積み立てておけば少しは足しにすることができると思います。

フリーターの方にもおすすめなものですが、派遣社員として働いている人達であれば厚生年金と基礎年金とさらに個人年金でもらえることになります。

金額がとても跳ね上がるわけではありませんが、少しでも多くのお金をもらいたいですよね。

正社員以外の方には本当におすすめです。

あとは、フリーターの人達に必ずやってほしいことがあります。それは、確定申告です。

フリーターは自営業扱いになるので、確定申告をしていた方がお得です!

わからなければ近くの税務署に行けば教えてくれます。

簡単にいうと、払いすぎた税金が返ってくるのです。

それは嬉しいですよね!ぜひおすすめします。


私の小さな節約方法

カードローン借り換えの極意

私の節約方法をいくつかご紹介します。

新聞の折り込み広告でカラーと二色刷りがあるときは、必ず二色刷りの広告から見ていきます。カラー広告はもともと特売をする日にちが決められているので、日ごろの特売価格と似た値段設定が多いのですが、白黒などの二色刷りの広告は、意外なものが安く大量に入荷したなど、急きょ発生するうれしいお買い得情報が載っていることが多いのです。

他の広告内容と見比べて、必要なものを少し多めに買ったら、調理や下ごしらえして冷凍しておきます。そうすると毎日の食事の支度にかかる時間が節約でき、ゆっくりお茶を飲む余裕ができます。電気などはつけるときにぐんとメーターが上がるそうなので、使うところだけつけておいて、こまめには消さないようにしています。

また、電気ポットは電気を意外とたくさん消費するので使わず、やかんで必要なだけ沸かします。お風呂は2リットルのペットボトル何本かにお湯を入れて、湯船に浮かしてかさ上げして節水しています。本や雑誌は図書館で借りて読みます。また話題の本などはリクエストすると図書館の蔵書に加えてもらえることもあるのでよくお願いしています。

節約は楽しく続けるのが一番です。


ポイント生活で節約

今まで買い物はほとんど現金で支払いをしてきたのですが、税金などをクレジットカードで支払って何とかポイントをつけられないだろうかと考えたところ、還元率が2%のリクルートカードプラスをみつけ毎月の固定費、携帯電話代、食費、旅行先のホテル、等クレジット決済できるものはすべてクレジットで決済してポイントをためるようにしています。

たまったポイントはポンタカードにポイントを移行させてローソンでお試し券を発券すると格安でお菓子、ジュース、デザートなどが手に入ります。ジュースやお菓子もコンビニでちょこちょこ買うと大きな金額になるので、お菓子、ジュース類はローソンのお試し券で賄うようにしています。

税金をクレジットカードを支払うのは直接は無理ですので、ひと手間加えてクレジットカードからナナコカードにチャージしてセブンイレブンでナナコカードを使って支払えばナナコカードにポイントは付きませんがクレジットカードには2%のポイントが付きます。クレジットからナナコへのチャージは月に10万円までと決まっておりますがそれを超えずに使えば問題ないです。

今までクレジットを使っても0.5%の還元率で景品ももらったことなく年会費だけ高いお金を支払ってきたのでよいカードを見つけて節約できたと思います。


年金の払い方でちょっとお得!

国民年金を口座から引き落とすようになってからずいぶんと経ちました。

最近は年金をもらうことも現実味を帯びてきたので、送られてくる案内にも逐一目を通しています。

その中に、1年間分を一括で引き落とし依頼すると、割引になるという文章を目にしました。

1年分をまとめて支払うとなると、20万円でお釣りが来るくらい。

決して直ぐには出来ません。

そこで、1カ年計画で次の年には払えるように積み立てを開始。

わずか数百円ですが、もらえるとも定かでない年金の支払いを節約できたかと思うと嬉しさがこみ上げてきました。

そして、また数年が経ち。

今度は、2年分の一括先払いで更に割り引かれるという案内が届きました。

一度味を占めたので、是非ともチャレンジしたい私。

でも、2年分となると今までのペースの国民年金貯金では足りません。

そこで、またまた1カ年計画。

ようやく2年分のお金を貯めて、念願の2年払いが現実となったのです。

この案内は、冬のうちに届くもの。

予め申し込んでおく必要があるので、いきなりお願いしても無理だと心得ておきましょう。

引き落としは、4月末のタイミングです。

しかも、2年払いをするということは、次の年はなんとも気楽でいられることも大きなメリット。

国民年金こそ、支払いを節約して正解ですよ!


自分に合った節約術

貯金が苦手でついつい使いすぎてしまうことが多かったのですが、日々の節約を積み重ねて、少しずつ貯金ができるようになりました。人によって生活習慣は違うので、自分に合った節約術を見つけるのが、楽に節約する方法だと思います。

私の場合、毎日なんとなく続けていたことを出来る限りやめました。まず、晩酌の缶ビールをやめました。お酒は好きなのですが、絶対に毎日必要と考えたとき、毎日ではなくても大丈夫だなと思えたので、これは案外すんなりとやめることができました。ストックがあれば、なんとなく飲んでしまうので、ストックを買うことをやめました。ただし、どうしても飲みたいときは無理に我慢せず、飲んでもいいというルールにしました。ストックはないので、その都度数本を買うことになりますが、全体で考えると、その方が節約になります。

次に、お菓子を買うのをやめました。お菓子も大好きなので、ダイエットのために我慢するのは辛いですが、「節約だ!」と思うと不思議と買わなくても大丈夫になりました。ビールもお菓子も減ったので、結果的にダイエットにもなり、一石二鳥になることに気づきました。

他には、家にものを増やさないことにしました。すると、家にものが増えるのが嫌で、よけいな買い物をしなくなりました。

日々の生活で節約する代わりに、友人へのプレゼントや手みやげはケチらないようにして、買い物への欲求のバランスを取るようにしています。


貯めたいお金はないものと考える

私はこれまで、貯金が苦手でこれまで大きな額を貯金できたことはありませんでした。

貯金をしたいと思うたび、インターネットや本などでよい貯金の仕方を調べ、いろいろ試してみましたが、途中で心折れてしまい、継続して貯金をすることができませんでした。

しかし、ようやく自分にあった方法を見つけ、貯金をすこしずつできるようになってきました。その方法は、給料が入ったら貯金したい金額を別口座に移し、使えない状態にするという方法です。

貯金するお金を移した口座の通帳やキャッシュカードは、自宅に保管し、持ち歩かないようにします。そして、自由に引き出すことができる通帳の中のお金で1ヶ月やりくりするという方法です。これまでは同じ口座の中で貯金しようとしていたのですが、ちょっとお金に困ったときに結局引き出してしまい、上手く貯金できませんでした。

しかし、この方法をするようになってから、わざわざ別口座から引き出すという手間もあり、手をつけなくなりました。もちろん、自由に使えるお金は減っているので、日ごろのお金の使い方も変えました。

お昼ごはんは弁当を持参するということと、自動販売機でジュースは買わず、スーパーで大きなペットボトルを購入し、会社にはそのジュースを持っていくことにして実際に使うお金も削減しました。意外と続いています。

もちろん最初は根気も必要ですが慣れればそんなに苦ではないので、これを継続していきたいです。